「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
 

叡知の言葉61

自分より年下の人々に対しても、こちらから先にあいさつができたとしたら、
その人はその一事をもってしても、他日「人の長たる器」だといえよう。
なぜなら、人は自分ひとりでやれることはたかのしれたものであって、
結局は、多くの人びとの協力を得なければならないからである。

『人生二度なし』

一般的に言って、出世を望む人ほど、どうしても上を見て仕事をしがちになります。
自分の業績を評価し、引き上げてくれるのは、何といっても上の人間だからです。

そういった人ほど、下への目配りがおろそかになりがちです。
中間管理職の中には、
上司の意を迎えることに汲々として、部下に対して非常に居丈高な態度をとる人もいます。

しかし、それは下の人間からは非常に見苦しく見えます。
仕事はチームでやるものです。
部下の意欲が低下した状態で、部や課としての実績が上がるでしょうか?

「人の長たる器」とは、個人として業績を上げる能力ではなく、チームをまとめる能力です。
いや、もっと言えば、部下を始め周囲の人に、「この人なら」と思わせる人間性です。

上から引き上げて貰うだけではなく、
下から押し上げられる形で、階段を上がる場合もあるということです。

そして、そのための第一歩として、年下の人間に自分から挨拶をすることを挙げたのは、
いかにも森らしい、実践的な人生訓といっていいでしょう。

作家 宮下隆二