「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS  >>コラムTOP
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・最新のNews一覧
 

森信三 叡知の言葉20

われわれが自分でたてていた計画なり願望なりがダメになった際には、
神は必ずやより良いものを与え給う。
しかもその際、自分の計画や願望は、これを天秤の前のかごに入れている故、
それが取り上げられることはすぐ分かるが、
それに対して、神の与えるより良い物は、天秤のうしろのかごに入れてあるゆえ、
われわれには気づきにくいのである。

『人生論』

自らも平坦ならざる人生を送った森は、人生での挫折について、
含蓄に富んだ言葉を多く残しています。
これもその一つです。
挫折とは分かり易く言えば、人生のある局面において、眼の前のドアが閉じられることです。
失恋や離婚、就職活動の失敗、リストラ。これらはすべて、進むべき道を失った苦しみです。

しかし森は、そういう時には、別の道が用意されている、というのです。
但しその道は、背後にひっそりと隠れているために、眼の前の扉ばかりを押していては、
決して見つけることは出来ません。森のいう「天秤のたとえ」とは、そのような意味です。

具体的に言うならば、失恋した後で、もっと素晴らしい伴侶と巡り会うことができるはずです。
リストラに一念発起して、別の分野で大成功した例などは、古今の成功物語によくみられます。
このような考えは、単なる楽観主義でしょうか。

しかし、人生で起こる出来事には、すべて意味があるというのは、森の強い信念でした。
成功にだけ意味があり、失敗は無意味だというのではありません。
失意や挫折の持つ深い意味について真摯に考え、感じ取れるようになった時、
すでに人生の次のステージが眼前に展開しているのです。

作家 宮下隆二