「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS  >>コラムTOP
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・最新のNews一覧
 

森信三 叡智の言葉22

人間の知恵というものは、自分で自分の問題に気付いて、
自らこれを解決するところにあるのです。
教育とは、そういう知恵を身につけた人間をつくることです。

『修身教授録』

教育の本質を、簡潔な言葉で余す所なく表現しています。
この箴言と現代の日本の教育を照らし合わせてみると、その問題点がおのずから明らかになって
きます。

現代の教育は、知恵ではなく、知識を得ることを主眼としています。
高学歴のエリートがカルトにはまったり、つまらない不祥事で逮捕されたりするのは、
そのためです。
幾ら知識だけを蓄えても、自分の問題に自分で気が付かないのでは、人生を誤るのも当然です。

もちろん、
現代のような情報化社会では知識は有用であり、その価値を否定すべきではありません。
真に問題なのは、大学を始めとする現代の高等教育の目的が、
知恵の獲得どころか知識の習得でさえなく、学歴という単なる資格証明書になっていることです。

技術が加速度的に進歩し知識がたちまち陳腐化する現代では、常に学び続ける姿勢と、
情報を取捨選択する知恵が必要です。
終身雇用という将来の安定だけを求めて進学する若者が増えていることは、
逆に社会全体の将来の不安定化を招く可能性が大きいといっていいでしょう。

作家 宮下隆二