「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS  >>コラムTOP
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・最新のNews一覧
 

森信三 叡知の言葉23

いかに卓(すぐ)れた業績を挙げた人々にしても、
現実的には生涯における最終単位としての一日一日を、
真に充実して生きた人々であって、
そのように充実して生きた一日々々を無視しては、
人はいかなる業績も不可能といってよい。

『人生論』

人生をいかに充実させるかという秘訣は、
煎じ詰めれば、時間の使い方にあると言っていいでしょう。
仕事の処理能力を高め、今日出来ることを明日に延ばさず、細切れの時間を有効に活用して
いくと、漫然と一日を過ごしている人間の何倍もの仕事が出来ます。

そのような充実した一日を無限に積み重ねていくことが、人生に勝利する秘訣なのです。
これは、スマイルズの『自助論』をはじめ、多くの成功哲学の古典が揃って指摘していることです。

しかし、ここで素朴な疑問が生じます。
それを言葉にするのは容易いが、実践するのは甚だ困難なのではないだろうか、ということです。それが簡単に出来るのならば、誰もが成功者になれるはずですが、実際にはそうなっていません

ではこれは、私たち凡人には不可能な、絵空事なのでしょうか?
そうではないでしょう。
しかしそれを可能にするために、絶対に不可欠な一事があります。
それが繰り返し述べている立志です。まず、心に強く決意することから、すべてが始まります。

ある意味偉人とは、
平凡な行為の積み重ねによって、非凡の高みに昇りつめた人物だといっていいでしょう。
森自身、机上の思想よりも実践を重んじる人であり、日々の刻苦勉励の積み重ねの末に、
大きな業績を遺したことを忘れてはなりません。

作家 宮下隆二