「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・過去のNews一覧
 ・最新のNews一覧
 

幕張メッセ No.2

前にもお知らせしたように11月25日から3日間、
千葉・幕張メッセで「アグロ・イノベーション2009」が開催されます。
農業関係の先端技術や機械、システムを紹介するこの国際的なイベントには国内はもちろん、
海外からも多数のビジネスマンや見学者が訪れます。
その大きな展示スペースの中央付近に「シンワ」の展示ブース(300平方メートル)を
設けるのですが、実際のところ、その準備も大変なんです。

何しろ参加する各企業は、それぞれに工夫を凝らした飾り付けをするものですから
「シンワ」が地味では効果がありません。
しかし、展示する主力商品は武骨なスタイルの機械が多いので
                「あんまりチャラチャラするなよ」 という常務の方針。

これに対し営業部長は「大きく、目立つように」とブースの設計者やデザイナーに指示を
出します。
また現場の案内担当者は「お客様が見やすいように、邪魔にならないように」と意見続出。

掲示ボードの高さと幅を有効に活用する展示パネル、案内板やサイン、写真の位置、
キャッチコピーなど、デザイナーやコピーライターはあちこちからの注文に追いかけ回され、
パンフレットやポスターなども多くの社員がアイデアを出し合うため、制作はぎりぎりまで時間が
かかりそうです。
そんなてんてこ舞いの様子を見ていた専務が
「お客様がケガをしないように配置せよ。安全が第一や」とツルのひと声。

「もちろんです」と担当者全員が声を揃えたのですが、展示商品の運ぶトラックの手配、
会場での照明器具の点検、商談コーナーの準備など、果たして間に合うのか心配です。
とはいっても、せっかく楽しみにして来てくださるお客様のために、担当者全員が前日(24日)まで
幕張メッセ前のホテルに泊り込んで、万全の準備をすることになりました。

「アグロ・イノベーション2009」の開幕を楽しみにしてくださいね。