「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・過去のNews一覧
 ・最新のNews一覧
 

寒中ウオーキング

今週は、暖かい日々でしたが、先週は、寒い日が続いていました。
暦の上ではこのごろが1年中で最も寒いそうです。
「寒い、寒い」と嘆いていても少しも暖かくならないのは当たり前なので、
意を決して寒中ウオーキングにトライしました。

シンワの本社のある高槻市大塚町からは、淀川にかかる枚方大橋が近く、
その下の河川敷は公園になっています。
春や秋など気候の良いときは、野球やバレーボールなどのスポーツを楽しむ人が多いのですが、
この季節は人影もまばら。
たしかに川面を吹き抜ける風は、身を切る冷たさです。

しかし…この間の日曜日、ジャージを着て、その河川敷を歩きました。
歩いたといっても、1キロや2キロではありませんよ。
早足で2往復、10キロ以上はたっぷりあったと思います。
帽子と手袋を用意して、芝生の上や階段、坂道を選んで自分なりのコースを設定。
最初は震えながらの行進でしたが、1往復するころには汗がにじんでホッカホカ。

それで自信がついて2往復完走したのです。
「やったぜ」とたった一人で万歳をして、久しぶりの達成感を味わいました。

そこまでは良かったのですが…
帰り道はゆっくりと歩いたため、あっという間に汗が引き、
ジャージだけでは「寒すぎるっ」と、ダウンコートを持ってこなかったのを大反省。
自宅まで3キロほどの距離なのですが、これが辛い。

ふと見ると、バス停の横に赤提灯が。
案の定、誘惑に負けてその店に入り、熱燗とおでんを注文して、
気がついたら3本も空にしていました。
ほろ酔い気分が逆効果になり、家に帰るころには酔い醒めでクシャミの連続。
要するに風邪をひいて熱まで出てしまい、翌日の勤務は辛かった。

何が健康のためかと、再び大反省なのでした。