「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>NEWS
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 

天神祭が終わって冷えたビール

祇園祭のクライマックスと同時に梅雨が明けて、猛暑の日の連続。
今年の夏は、半端じゃなさそうです。
そして天神祭も終り、長い夏が本番になりました。

花火大会や水遊び、旅行に宿題と
子どもたちは楽しくて忙しい毎日ですが、大人は早くも夏バテ気味。
熱中症に気をつけなければと思いつつも、 冷たいビールやクーラーのつけっぱなしで、
女房に叱られ、体調も怪しくなってしまいました。

会社へ出勤すると、やはり熟年組は「暑いなあ」が口癖で動きも鈍い。
それに比べて、若い連中の元気さには恐れ入ります。
夕暮れになっても、日が暮れても、
          今年は「暑いなあ」というセリフがなかなか収まりません。

まあ、夏が暑いのは当たり前で、景気にも影響するそうです。
家電は冷房機器が好調になり、衣類も夏物がよく売れる結果に。
そして、農作物も夏は夏らしい天候が大切です。
全国の営業所では、若手の営業マンが張り切っています。

「稲の生育が順調で、今年は豊作でしょう」
「草取りを手伝って売上げを伸ばしました」
「ご馳走になった冷えたスイカ、おいしかった」
こんな話を聞くと、真夏の太陽の下で頑張る社員の笑顔が眼に浮かぶのです。

(よし、俺も負けていられない)と決意し、
退社後、同僚と駅前のビアホールで大いに意欲をかき立てましたが、

炎天下の若手の意気込みとはちょっと違ったかなあ。