「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>製品案内  >>包装関連 機器  >>包装用機器類  >>シール機
 ・梱包機
 ・梱包用ハンドツール
 ・結束機
 ・卓上型結束機
 ・帯封(掛け)機
 ・製(封)函機
 ・PE袋自動装填装置
 ・ケーサー・カートナー
 ・包装機・シュリンク包装機
 ・機械部オリジナル商品
 ・真空包装機
 ・ストレッチフイルム包装機
 ・シール機
 ・袋とじ機
 ・ミシン
 ・テープカッター

卓上型 足踏み型 携帯型 バンドシーラー
卓上型
手動タイプ 手動 脱気シーラー 電動タイプ 電動 脱気シーラー
手動タイプ
P-200/PC-200

最も手軽な卓上型シーラー。

・シール専用・手動・使用回数/日1,000袋以下
・袋サイズ:20cm


写真はP-200です。
特徴
簡単な操作
  本体手前の加熱時間調節ツマミで使用する袋に応じた加熱時間を設定。
  圧着レバーを片手で押さえると加熱ランプが点灯。
  シール終了音がピッとなったらシール完了です。
容易なメンテナンス
  交換頻度が比較的高いヒーターなどの部品はテフロン押さえを取り外すことにより
  容易に交換することができます。テフロン押さえは、マイナスドライバーだけで取り外せます。
多様な包材に対応
  厚さ0.2mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプです。
●2mmシールと溶断シールが可能
  工場出荷時は2mmヒーターを装着しています。必要に応じて溶断ヒーターに交換することで、
  溶断シールを行うことが可能です。交換方法の詳細は取扱説明書に記載しております。
  溶断シールとはピアノ線状のヒーターでフィルムを溶かして断ち切るシールです。
  わずかにフィルム同士は溶着されていますがシール強度はほとんどありません。
使われる環境に合わせて
  使われる方の作業環境に合わせて電源コードの取り回しを変更することができます。
  利き腕の違いや、置き場所の都合により電源コードの取り付け位置を左右変更することが
  できます。
様々な用途に
  店頭での個包装や工場内で各種部品や食材などを少量ずつ包装するのに最適です。
  コンパクトなボディで場所を取らず、機械の移動も簡単です。
カッター機構:PC-200
  PCは、シール後にカッターノブをスライドさせて、余分な袋端をカットすることが可能です。
  このカット機能を利用して、チューブ状のフィルムを製袋加工することが可能です。
製品仕様
用途・特長:卓上型・手動
通称:ポリシーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:手動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):20cm以下
最新タイプ:Cタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計): PE->0.2mm、PP->0.2mm、NY->0.1mm、
                               PVA->0.1mm、その他ラミネート->0.1mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
P-300/PC-300

最も手軽な卓上型シーラー。

・シール専用・手動・使用回数/日1,000袋以下
・袋サイズ:30cm



写真はP-300です。
特徴
簡単な操作
  本体手前の加熱時間調節ツマミで使用する袋に応じた加熱時間を設定。
  圧着レバーを片手で押さえると加熱ランプが点灯。
  シール終了音がピッとなったらシール完了です。
容易なメンテンナンス
  交換頻度が比較的高いヒーターなどの部品はテフロン押さえを取り外すことにより
  容易に交換することができます。テフロン押さえは、マイナスドライバーだけで取り外せます。
多様な包材に対応
  厚さ0.2mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプです。
●2mmシールと溶断シールが可能
  工場出荷時は2mmヒーターを装着しています。必要に応じて溶断ヒーターに交換することで、
  溶断シールを行うことが可能です。交換方法の詳細は取扱説明書に記載しております。
  溶断シールとはピアノ線状のヒーターでフィルムを溶かして断ち切るシールです。
  わずかにフィルム同士は溶着されていますがシール強度はほとんどありません。
使われる環境に合わせて
  使われる方の作業環境に合わせて電源コードの取り回しを変更することができます。
  利き腕の違いや、置き場所の都合により電源コードの取り付け位置を左右変更することが
  できます。
様々な用途に
  店頭での個包装や工場内で各種部品や食材などを少量ずつ包装するのに最適です。
  コンパクトなボディで場所を取らず、機械の移動も簡単です。
カッター機構:PC-300
 PCは、シール後にカッターノブをスライドさせて、余分な袋端をカットすることが可能です。
 このカット機能を利用して、チューブ状のフィルムを製袋加工することが可能です。
製品仕様
用途・特長:卓上型・手動
通称:ポリシーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:手動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):30cm以下
最新タイプ:Cタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計): PE->0.2mm、PP->0.2mm、NY->0.1mm、
                               PVA->0.1mm、その他ラミネート->0.1mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
FS-215/FS-315
特徴
簡単な操作
  本体上部の加熱時間調節ツマミで使用する袋に応じた加熱時間を設定。
  両手で袋を持ったまま、軽くテーブルを押し下げるだけで強力な加圧力が加えられ
  丈夫で美しいシールができます。(「操作手順」の解説及びイラストなどを参照ください)
容易なメンテンナンス
  交換頻度が比較的高いヒーターなどの部品はテーブルを取り外しテフロンをはずすことにより
  容易に交換することができます。テーブルは樹脂ナットを指で回すとはずせます。
多様な包材に対応
  包装される内容物や包材に合わせてシール長さ20cmのFS-215とシール長さ30cmのFS-315の
  バリエーションがあります。厚さ0.2mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる
  片側加熱タイプです。
5mm、2mmシールが可能
  工場出荷時は5mmヒーターを装着しています。必要に応じて2mmヒーターに交換することで、
  2mmシールを行うことが可能です。交換方法の詳細は取扱説明書に記載しております。
  TIPS
  交換用ヒーターはパーツカバーの中に収納されています。
操作手順
  本体上部の加熱時間調節ツマミで使用する袋に応じた加熱時間を設定。
  両手で袋を持ったまま、袋をシール部にセットします。
様々な用途に
  店頭での個包装や工場内で各種部品や食材などを少量ずつ包装するのに最適です。
  コンパクトなボディで場所を取らず、機械の移動も簡単です。
  樹脂製の丸みを持たせた形状デザインはショーケースの上に設置しても違和感なく、
  店内の美観を損ねることはないでしょう。
                        ---主な導入業種事例---
製菓・製パン(各種パン、各種菓子、珍味、カステラ)、麺類、薬、文具、本、雑誌、野菜、各種雑貨、金属製品、各種部品、各種食料品 など
安全対策
  加熱タイマーの故障で異常加熱(連続通電)状態になっても約3秒で回路を遮断する装置を
  組み込んでいます。電気的に遮断しますので、テーブルを押し下げて再び、シール加熱の
  マイクロスイッチがON状態になり加熱されますが、3秒で通電が切れます。
製品仕様
用途・特長:卓上型・手動
通称:ショップシーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:手動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):FS-215=20cm以下、FS-315=30cm以下
最新タイプ:Bタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計): PE->0.2mm、PP->0.2mm、NY->0.1mm、
                               PVA->0.1mm、その他ラミネート->0.1mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
FT-130/FT-230
特徴
簡単な操作
  本体上部の加熱時間調節ツマミで使用する袋に応じた加熱時間を設定。
  左手で袋を持ったまま、本体右側の圧着ハンドルを手前に引くと強力な加圧力が加えられ
  丈夫で美しいシールができます。
多様な包材に対応
  シール圧力は工場出荷時に標準的な厚さの袋に合わせていますが袋の材質や厚み形状により
  異なります。その場合シールが不完全なものになりますので、必要に応じて圧力調整ナットで
  シール加圧力を変更します。
厚いガゼット袋を確実にシール
  お茶袋やコーヒー豆袋などに主に使用されるアルミ蒸着フィルムを使用したガゼット袋は
  厚みがあり、しかも背の部分が、4枚の重ね合わせになります。
  これを溶着させるには通常のシーラーでは発生させることのできない強力な加圧力と袋を
  溶かすことのできる熱が必要になります。
  FT-130、FT-230は袋の下側からだけではなく上側からも加熱し(上下加熱方式)、
  さらに強力なシール加圧力を加えることができる構造を持つシーラーです。お茶袋をはじめ
  各種フィルムの総厚0.5mmまでの袋をシールすることができます。※1
※1: 上記ガゼット袋であれば、一番厚くなる箇所は、4枚重ねになりますので、
    フィルム1枚の厚さが0.125mm以下のものまでシール可能とお考えください。
   総厚 0.5mm÷4 枚=1枚当 0.125mm
製品仕様
用途・特長:卓上型・手動
通称:茶袋シーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:手動=1,000袋以下
袋サイズ(最大)FT-130=12cm以下, FT-230=22cm以下
最新タイプ:Cタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計): PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、
                               PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
手動 脱気シーラー
V-301/V-301-10Wシリーズ
V-301 V-301-10W
鮮度保持・酸化防止シーリングを手軽に卓上で。
特徴
真空ポンプ脱気
  内蔵の真空ポンプは、排気速度:10リットル/min、到達真空度:-58.6Kpaの真空度を得られます。
  (注)排気速度・到達真空度は、機械に組み込んでいない状態で計測した数値です。
  到達真空度は、0torrを-101.3kpaとしています。
対面販売に
  明るいデザインで軽量のV-301シリーズは店頭に置いても邪魔にならないコンパクトボディ。
  お客様の面前で素早く真空パックし、手渡すことで商品のフレッシュさをアピールする・・・
  そんな使い方もV-301シリーズならではの活用方法です。
簡単な操作
1「ノズル出/入ボタン」を押すと脱気ノズルが前進してきます。
2袋をシール部にセットし、テーブルを押し下げると袋が圧着レバーに挟み込まれます。
3「脱気開始ボタン」を押します。
4-a「脱気設定ツマミ」で脱気時間を設定した場合、脱気時間が経過しますと電動でノズルが
 初期位置に後退し、脱気ポンプが停止します。
4-b「脱気設定ツマミ」を“連続”に設定した場合、任意の脱気状態を目視判断いただいた時点で
 「ノズル出/入ボタン」をもう一度押していただくと脱気が終了し、電動でノズルが初期位置に
 後退し、脱気ポンプが停止しますので、目安脱気が可能です。※1
5ノズルが後退した後、さらにテーブルを押し下げますと、設定した加熱時間でシールが行われます
6シール工程完了後、ノズルは自動で前進します。
フィルターを標準装備
  ノズルから吸い込んだ異物を溜めるフィルターを標準装備しています。フィルターケースは
  容易に取り外せますので、定期的に必要なフィルターの清掃も手軽に行えます。
●給気も可能
  真空ポンプの配管のIN側とOUT側を差し替え変更することで、袋内に空気を送り込むことも
  可能です。
●多彩な包材に対応
  V-301シリーズは生鮮食品をはじめ各種食品の鮮度保持、部品・衣類・化学薬品・精密機器など
  の酸化防止に威力を発揮します。真空包装までの必要はないが脱気包装によって少しでも
  保存期間を延長させたり、中身が動かないようにしたい場合などに最適です。
  さらに、ガスバリヤ性の高い包材を使って、脱酸素材を併用しますと、無酸素状態となり
  保存効果がさらに倍増します。
水物対応フィルターを装着可能(=オプション)
  水物の脱気包装用にオプションで「大容量フィルター:VF-220」を取り付けることが可能です。
  容量は220ccです。脱気終了後、フィルターに溜まった水分を自動で排出します。
警告音によるお知らせ(=安全対策)
  以下のようなトラブルが万一発生した場合は警告音を発してお知らせします
1ヒーターが断線した時=「ピー」と言うブザー音
2ノズル動作に異常が発生した時=「ピィピィピィ」と言うブザー音
※1:「ノズル出/入ボタン」を押さずにノズルを脱気位置に前進させなければ、シールだけを行うこと
   ができます。
推奨包材:V-301シリーズの性能をフルに発揮していただけるお勧めの包材(袋)
XLシリーズ
特徴:ハイガスバリア
推進用途:食品、工業部品
ISシリーズ
特徴:ハイガスバリア・帯電防止
推進用途:電子部品・半導体
製品仕様
用途・特長:卓上型・手動脱気シーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用&脱気
機種選定目安使用回数/日:手動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):30cm以下
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
V-301:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm、
V-301-10W:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
V-301シリーズは卓上タイプの脱気シーラーとしては唯一10mm幅シールのできる
(2007.6現在の富士インパルス樺イ査)シール能力の優れた卓上脱気シーラーです。
V-301シリーズはノズル出し入れに電動方式を採用し、従来機よりの簡単な操作はそのままで、
より一層の高作業効率を実現しました。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
V-301R-35
米穀店・精米工場で真空パック







V-301R-35
特徴
お米の真空包装に最適
  1〜5kgまでの米袋が真空包装できます。
  附属の成形板を使ってお米をきれいに整えることができます。
  真空包装することで鮮度を保持、防虫効果、長期間の保存に対応します。
  使用する米袋は空気を通さないガスバリヤ性が高い包材を使用した米袋をご使用ください。
真空ポンプ脱気
  内蔵の真空ポンプは、排気速度:20リットル/min、到達真空度:-58.6Kpaの真空度を得られます。
  (注)排気速度・到達真空度は、機械に組み込んでいない状態で計測した数値です。
  到達真空度は、0torrを-101.3kpaとしています。
簡単な操作
  「ノズル出/入ボタン」を押してノズルを出します。袋内にノズルを挿入して、テーブルを押し下げ、
  レバーで袋とノズルを挟み込んだ状態で「脱気開始ボタン」を押して脱気を開始します。
  脱気終了後、もう一度「ノズル出/入ボタン」を押すとノズルが後退しますので、
  もう一段テーブルを押し下げてシールを行います。
  以上が「ノズル出/入ボタン」操作で脱気を終了させる目安脱気での操作の概略です。
  脱気時間は、タイマーで設定することができます。
  ノズルを前に出さなければ、シールだけを行うことができます。
フィルターを標準装備
  ノズルから吸い込んだ異物を溜めるフィルターを標準装備しています。フィルターケースは
  容易に取り外せますので、定期的に必要なフィルターの清掃も手軽に行えます。
製品仕様
用途・特長:米袋用手動脱気シーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用&脱気
機種選定目安使用回数/日:手動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):30cm以下
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
電動タイプ
FAシリーズ
FA-200-10 FA-300
FA-450-5 FA-600-5
※450-5のみ標準テーブル装備。詳細は仕様表をご覧ください。
特徴
簡単な操作
  コントロールユニット(タイマー)のタッチパネルを押して加熱時間などを設定します。
  各設定はモード切替により設定できます。使用される包材に応じたシール条件を設定後、
  「自動連続運転」とエアペダルを踏む「マニュアル運転」が選択できます。
テーブルスイッチ板
  FA-200、FA-300シリーズは附属のテーブルスイッチ板をテーブルを作業スタートスイッチの
  代わりに使用できます。
  包装物の重量に合わせて押し圧を調整することができます。
  テーブルスイッチ板を利用する場合はエアペダルをテーブルスイッチ板の下部にセットして
  使います。
  FA-200、FA-300シリーズはテーブルスイッチ板下部にエアペダルをセットした状態で
  出荷しています。
  テーブルスイッチ板はFA-200、FA-300シリーズだけに取り付けられ、標準で装備しています。
多様な用途に対応
  袋の厚さ、材質に合わせてシール圧力の調整が可能です。圧着レバー中央の圧力調整ナットを
  回転させて調整を行います。
  シール長さは200、300、450、600mmに対応。シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせた合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ、
  厚さ0.4mm(重ね合わせた合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
  ガスバリヤ性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
テーブル(=オプション
  お客様の作業環境や製品に応じて各種のテーブルを用意しています。製品ごとに一般的に
  想定した用途として最適なテーブルを標準装備していますが、標準品では合わない場合、
  オプションのテーブルを取り付けることができます。
印字器:プリンター(=オプション)
  FAシリーズは電子プリンター(2列印字器)が取り付け可能です。
  FEP-N2シリーズの詳細はこちらのページでご覧ください。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  冷却時間を確保するために加熱時間の設定値以下に冷却時間を設定できないようにしています。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
製品仕様
用途・特長:電動シーラー
操作方法:電動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動=3,000袋以上
袋サイズ(最大):20、30、45、60cm
最新タイプ:Eタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
CAシリーズ(防滴加工ボディ)
CA-300:傾斜角度45度設定ポジション CA-450-5:傾斜角度45度設定ポジション
標準テーブルはCA-450-5、CA-450-5Wに
標準装備。
特殊テーブルはCA-450シリーズ、
CA-600シリーズ用CAスタンドタイプS
取り付けます。
CA-600-5:傾斜角度45度設定ポジション  
特徴
水物シーリングに対応
  CAシリーズは耐蝕性アルミ合金の本体にシリコンゴムパッキンなどで防滴加工を施し、
  水物の包装に対応します。また、各作業の進行を指示するエアペダルは電気部品を使用して
  いませんので安心して使用していただけます。 5度、30度、45度に角度が設定できる
  (工場出荷時は5度)傾斜台を標準装備し、袋に入った液体をこぼすことなくシールすることが
  できます。
テーブル、スタンド台を用意
  CA-300シリーズは附属のテーブルスイッチ板を押す操作方法も選択できます。
  テーブルスイッチ板を利用する場合はエアペダルをテーブルスイッチ板の下部にセットして
  使います。
  CA-300シリーズはテーブルスイッチ板下部にエアペダルをセットした状態で出荷しています。
簡単な操作
  コントロールユニット(タイマー)のタッチパネルを押して加熱時間などを設定します。
  各設定はモード切替により設定できます。使用される包材に応じたシール条件を設定後、
  「自動連続運転」とエアペダルを踏む「マニュアル運転」が選択できます。
  コントロールユニット(タイマー)に設定した数値は電源スイッチをOFFにしても記憶されているので
  電源ONの都度、再設定を行う必要はありません。カウンター機能があり、リセットと1カウントずつ
  任意に増減が可能です。
多様な包材に対応
  シール長さは、300、450、600mmに対応。シール幅は、5mm、10mmの製品があります。
  加熱方式は以下の2タイプがあります。
  ◎片側加熱タイプ・・・・厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材に対応。
  ◎上下加熱タイプ・・・・厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応し、ガスバリヤ性包材に脱酸素材を
  封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
スタンド台(=オプション
  CA-300シリーズには専用スタンド台があります。適切な機械設置場所が確保できない場合に
  ご利用ください。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  冷却時間を確保するために加熱時間の設定値以下に冷却時間を設定できないようにしています。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
製品仕様
用途・特長:水物用電動シーラー
操作方法:電動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動=3,000袋以上
袋サイズ(最大):30、45、60cm
最新タイプ:Bタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
CV-300シリーズ
液体、粉体を袋からこぼすことなくシーリング







CV-300-10
特徴
水物、粉物対応の垂直型
  シール部角度が下向きの垂直型です。袋を立てた状態で液体や粉末などを袋からこぼすこと
  なくシールができる電動シーラーです。
  また、水物包装にも対応できるように本体ボディには耐蝕性アルミ合金とステンレスを採用して
  います。また、エアペダルは電気部品を使用していませんので、水物作業で安心して使用して
  いただくことができます。片側加熱タイプは通常製品とは異なる上部ヒーター仕様です。
簡単な操作
  コントロールユニット(タイマー)のタッチパネルを押して加熱時間などを設定します。
  各設定はモード切替により設定できます。使用される包材に応じたシール条件を設定後、
  「自動連続運転」とエアペダルを踏む「マニュアル運転」が選択できます。
  コントロールユニット(タイマー)に設定した数値は電源スイッチをOFFにしても記憶されているので
  電源ONの都度、再設定を行う必要はありません。カウンター機能があり、リセットと1カウントずつ
  任意に増減が可能です。
多様な包材に対応
  袋の厚さ、材質に合わせてシール圧力の調整が可能です。圧着レバー中央の圧力調整ナットを
  回転させて調整を行います。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱(上部ヒーター仕様)
  タイプCV-300-10と厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる
  上下加熱タイプCV-300-10Wがあります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
  ガスバリヤ性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
高さ可変のテーブル標準装備
  CV-300シリーズのテーブルは使用される袋の大きさ(高さ)に合わせて上下にスライドします
  ので、無段階に任意の高さに調整することができます。
  また、横方向にもスライド式のストッパーがありますので任意の位置で固定し、袋のセット位置を
  一定に保つことができます。作業ごとにシール位置を確認することなく作業を進めることが
  できます。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  冷却時間を確保するために加熱時間の設定値以下に冷却時間を設定できないようにしています。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
製品仕様
用途・特長:垂直型電動シーラー
操作方法:電動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動=3,000袋以上
袋サイズ(最大):30cm
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
CV-300-10: PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
CV-300-10W: PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
OPL-350-MDシリーズ マイコン制御で高精度なシーリング
OPL-350-MD NP OPL-350-MD:プリンター標準装備仕様機
特徴
滅菌バックなどの医療用に
  通常製品とは異なる片側上部加熱式を採用し、滅菌バックなどのフィルムが袋の一方だけに
  ある袋のシーリングを確実に行うことができます。オンパル機能で実現する精度の高い
  シーリングと相まってシビアな医療業務用シーラーとして威力を発揮します。
2列プリンター標準装備(OPL-350MD)
  OPL-350-MDは製造年月日などをシールと同時に印字できる電子プリンターを標準で装備して
  います。使用済みテープ巻取機構を装備しています。
印字例
有効期限   04.06.13
製造年月日 04.06.05
タッチスイッチ操作
  軽く触れるだけのタッチスイッチの操作で作業を進めます。
  設定した時間での連続運転もできます。
シール仕上がりを一定に保ちます
  加熱温度コントロール機能(=オンパル)を搭載し、理想的な加熱温度=「フィルムが溶ける温度」に
  加熱温度を設定することができます。
  長時間の連続使用後もシール条件・仕上がり精度を一定にすることができます。
  無駄なシール加熱・冷却がなく省エネルギー・高作業率で、しかも消耗部品の寿命が長くなり
  たいへん経済的です。
簡単設定のコントロールユニット
  タッチパネルのボタンを押してコントロールユニットの表示で数値を確認しながら加熱温度、
  加熱・冷却時間などの各モード設定を行います。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  冷却時間を確保するために加熱時間の設定値以下に冷却時間を設定できないようにしています。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
製品仕様
用途・特長:加熱温度コントロール電動シーラー
操作方法:電動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動=3,000袋以上
袋サイズ(最大):35cm
最新タイプ:Bタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
電動 脱気シーラー
V-402シリーズ
加熱温度コントロール卓上型
ノズル式脱気シーラー







V-402
特徴
加熱温度コントロール機能標準装備
  シール加熱温度:60〜250℃
  シール冷却温度:40℃〜シール加熱温度の範囲
  理想的なシール条件で設定できます。
  オンパルシステム最大の特徴は理想的なシール条件を設定できることです。
  加熱温度設定は、高感度の温度センサーによる温度管理とマイコンによる制御によって
  行われます。
  気温や機械温度の上昇に左右されることなく、フィルムが溶ける温度で加熱工程を終了させる
  ことができます。
ヘルプ機能でトラブル対処
  液晶画面にメンテナンスモードを表示させることで機械の状態を確認することができます。
  メンテナンスモードで点滅している箇所を確認することで修理などトラブル解消を早期に行う
  ことができます。
テーブル高さ角度が可変
  包装する内容物に応じてテーブル(標準装備)の高さ・角度を変えることができます。
簡単操作のマイコンコントローラー
  作業方法・脱気方法の選択および設定は、すべてマイコンコントローラーで行います。
  設定はタッチパネルで簡単に操作できます。
最多10種類の作業パターンが登録可能
  使用される方が任意にカスタマイズした作業パターンが最多で10種類登録することが可能です。
  登録した作業パターンをマイコンコントローラーで呼び出すことで定型作業をいつも
  同じ条件で行うことが可能です。
ドライフィルター標準装備
  内蔵コンプレッサーで作られた圧縮エアは一部水滴となり配管を通じて機械内に侵入して
  破損させることがあります。
  V-402シリーズはその対策としてドライフィルターを標準装備しており圧縮エアから水滴を
  除去し、真空ポンプや機械内の配管各部に侵入することを防ぎます。
2列印字器取付可能:メーカーオプション※1
  外側2列印字器=FEP-V-N1がメーカーオプションで取り付けすることができます。
  シールと同時に「製造年月日」や「消費期限」などの印字を行うことができるようになります。
  FEP-V-N1は加熱した「活字」でカーボンを焼き付けるホットプリントタイプの印字器です。
シール部カバー(=オプション)
  シール部分を透明樹脂(ポリカーボネイト)にて覆い指挟みなどを防止します。
傾斜スタンド(=オプション)
  傾斜スタンドを取り付けるとシール部角度を10、15、20度に傾けることができます。
スタンド(=オプション)
  適切な設置場所が確保できない場合、V-402スタンドをご利用ください。
過熱防止装置搭載(=安全対策)
  異常過熱(ヒーターに通電が約3.5秒以上続く)が発生した場合、ブレーカーがOFFになり
  電源が遮断されます。
  3秒以内で設定温度に達しないとヒーターの通電を止めてコントローラーの液晶画面に
  表示します
レバーの駆動(=安全対策)
  レバーの下降はスプリングの復帰力で作動し、シール時には60径シリンダー出力で加圧します。
異常感知自動復帰(=安全対策)
  レバー下降時、シール部に異物(指など)をはさみ次の工程に移れない場合は、
  1秒後に初期状態に戻ります。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※2
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
異常時復帰操作(=安全対策)
  レバー下降時、フットスイッチから足を離すと圧着レバーが上がります。
※1:本体納入後、FEP-V-N1を後付される場合は、メーカーまたは販売店による取り付け
   調整作業を行う必要性が発生しますのでご留意ください。
※2:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
推奨包材:V-402シリーズの性能をフルに発揮していただけるお勧めの包材(袋)
XLシリーズ
特徴:ハイガスバリア
推進用途:食品、工業部品
ISシリーズ
特徴:ハイガスバリア・帯電防止
推進用途:電子部品・半導体
製品仕様
用途・特長:卓上型・電動脱気シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用&脱気
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):40cm以下
最新タイプ:Bタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
V-402:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm、
V-402-10W:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
V-402は生鮮食品をはじめとする各種食品の鮮度保持、部品・衣類・化学薬品・精密機器などの
酸化防止に威力を発揮します。
また、V-402シリーズは理想の加熱温度を設定・維持できる加熱温度コントロール機能
「=オンパル」を標準搭載します。
フィルムが溶ける温度に加熱温度を設定・維持できますので、電力消費に無駄が無く、
シール精度を向上させることができ、ヒーターなどの部品消耗を抑えることができます。
シール条件の設定にはマイコンコントローラーを採用しています。簡単なタッチパネルを
押す操作で設定を進め、設定内容は都度、液晶画面で確認することができます。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
V-402-CHシリーズ/(クリーンルーム向け)
クリーンルーム向け仕様卓上型真空シーラー







V-402-CH
特徴
加熱温度コントロール機能標準装備
  シール加熱温度:60〜250℃
  シール冷却温度:40℃〜シール加熱温度の範囲
  理想的なシール条件で設定できます。
  オンパルシステム最大の特徴は理想的なシール条件を設定できることです。
  加熱温度設定は、高感度の温度センサーによる温度管理とマイコンによる制御によって
  行われます。
  気温や機械温度の上昇に左右されることなく、フィルムが溶ける温度で加熱工程を終了させる
  ことができます。
ヘルプ機能でトラブル対処
  液晶画面にメンテナンスモードを表示させることで機械の状態を確認することができます。
  メンテナンスモードで点滅している箇所を確認することで修理などトラブル解消を早期に行う
  ことができます。
集中排気ダクトフランジ、排気ファンを装備
  本体側面に排気ファンを装備しダクトフランジを装着することで機械内部で発生した粒子を
  クリーンルーム外へ排出することができます。
簡単操作のマイコンコントローラー
  作業方法・脱気方法の選択および設定は、すべてマイコンコントローラーで行います。
  設定はタッチパネルで簡単に操作できます。
最多10種類の作業パターンが登録可能
  使用される方が任意にカスタマイズした作業パターンが最多で10種類登録することが可能です。
  登録した作業パターンをマイコンコントローラーで呼び出すことで定型作業をいつも
  同じ条件で行うことが可能です。
テーブル高さ角度が可変
  包装する内容物に応じてテーブル(標準装備)の高さ・角度を変えることができます。
シール部カバー(=オプション)
  シール部分を透明樹脂(ポリカーボネイト)にて覆い指挟みなどを防止します。
傾斜スタンド(=オプション)
  傾斜スタンドを取り付けるとシール部角度を10、15、20度に傾けることができます。
スタンド(=オプション)
  適切な設置場所が確保できない場合、V-402スタンドをご利用ください。
過熱防止装置搭載(=安全対策)
  異常過熱(ヒーターに通電が約3.5秒以上続く)が発生した場合、ブレーカーがOFFになり
  電源が遮断されます。
  3秒以内で設定温度に達しないとヒーターの通電を止めてコントローラーの液晶画面に表示します
レバーの駆動(=安全対策)
  レバーの下降はスプリングの復帰力で作動し、シール時には60径シリンダー出力で加圧します。
異常感知自動復帰(=安全対策)
  レバー下降時、シール部に異物(指など)をはさみ次の工程に移れない場合は、
  1秒後に初期状態に戻ります。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
異常時復帰操作(=安全対策)
  レバー下降時、フットスイッチから足を離すと圧着レバーが上がります。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
推奨包材:V-402シリーズの性能をフルに発揮していただけるお勧めの包材(袋)
XLシリーズ
特徴:ハイガスバリア
推進用途:食品、工業部品
ISシリーズ
特徴:ハイガスバリア・帯電防止
推進用途:電子部品・半導体
製品仕様
用途・特長:卓上型・電動脱気シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用&脱気
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):40cm以下
最新タイプ:Bタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
V-402-CH:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm、
V-402-CH-10W:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート>0.5mm
V-402-CHシリーズは理想の加熱温度を設定・維持できる加熱温度コントロール機能「=オンパル」
を標準搭載します。
フィルムが溶ける温度に加熱温度を設定・維持できますので、電力消費に無駄が無く、シール精度
を向上させることができ、ヒーターなどの部品消耗を抑えることができます。
シール条件の設定にはマイコンコントローラーを採用しています。簡単なタッチパネルを押す操作で
設定を進め、設定内容は都度、液晶画面で確認することができます。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
V-602-CHシリーズ/(クリーンルーム向け)
クリーンルーム向け仕様卓上型真空シーラー
シール長さ600mm







V-602-CH
特徴
加熱温度コントロール機能標準装備
  シール加熱温度:60〜250℃
  シール冷却温度:40℃〜シール加熱温度の範囲
  理想的なシール条件で設定できます。
  オンパルシステム最大の特徴は理想的なシール条件を設定できることです。
  加熱温度設定は、高感度の温度センサーによる温度管理とマイコンによる制御によって
  行われます。
  気温や機械温度の上昇に左右されることなく、フィルムが溶ける温度で加熱工程を終了させる
  ことができます。
ヘルプ機能でトラブル対処
  液晶画面にメンテナンスモードを表示させることで機械の状態を確認することができます。
  メンテナンスモードで点滅している箇所を確認することで修理などトラブル解消を早期に行う
  ことができます。
集中排気ダクトフランジ、排気ファンを装備
  本体側面に排気ファンを装備しダクトフランジを装着することで機械内部で発生した粒子を
  クリーンルーム外へ排出することができます。
簡単操作のマイコンコントローラー
  作業方法・脱気方法の選択および設定は、すべてマイコンコントローラーで行います。
  設定はタッチパネルで簡単に操作できます。
最多10種類の作業パターンが登録可能
  使用される方が任意にカスタマイズした作業パターンが最多で10種類登録することが可能です。
  登録した作業パターンをマイコンコントローラーで呼び出すことで定型作業をいつも
  同じ条件で行うことが可能です。
テーブル高さ角度が可変
  包装する内容物に応じてテーブル(標準装備)の高さ・角度を変えることができます。
シール部カバー(=オプション)
  シール部分を透明樹脂(ポリカーボネイト)にて覆い指挟みなどを防止します。
傾斜スタンド(=オプション)
  傾斜スタンドを取り付けるとシール部角度を10、15、20度に傾けることができます。
スタンド(=オプション)
  適切な設置場所が確保できない場合、V-402スタンドをご利用ください。
過熱防止装置搭載(=安全対策)
  異常過熱(ヒーターに通電が約3.5秒以上続く)が発生した場合、ブレーカーがOFFになり
  電源が遮断されます。
  3秒以内で設定温度に達しないとヒーターの通電を止めてコントローラーの液晶画面に表示します
レバーの駆動(=安全対策)
  レバーの下降はスプリングの復帰力で作動し、シール時には60径シリンダー出力で加圧します。
異常感知自動復帰(=安全対策)
  レバー下降時、シール部に異物(指など)をはさみ次の工程に移れない場合は、
  1秒後に初期状態に戻ります。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
異常時復帰操作(=安全対策)
  レバー下降時、フットスイッチから足を離すと圧着レバーが上がります。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
推奨包材:V-602シリーズの性能をフルに発揮していただけるお勧めの包材(袋)
XLシリーズ
特徴:ハイガスバリア
推進用途:食品、工業部品
ISシリーズ
特徴:ハイガスバリア・帯電防止
推進用途:電子部品・半導体
製品仕様
用途・特長:卓上型・電動脱気シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用&脱気
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):60cm以下
最新タイプ:Bタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
V-602-CH:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm、
V-602-CH-10W:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート>0.5mm
V-602-CHシリーズは理想の加熱温度を設定・維持できる加熱温度コントロール機能「=オンパル」
を標準搭載します。
フィルムが溶ける温度に加熱温度を設定・維持できますので、電力消費に無駄が無く、シール精度
を向上させることができ、ヒーターなどの部品消耗を抑えることができます。
シール条件の設定にはマイコンコントローラーを採用しています。簡単なタッチパネルを押す操作で
設定を進め、設定内容は都度、液晶画面で確認することができます。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
V-401NTWシリーズ/(イジェクター方式)
イジェクター脱気方式で
水物・粉末の脱気シール







V-401 NTW
特徴
イジェクター脱気方式
  V-401NTWシリーズは、袋内の気体を真空ポンプではなく「袋内から吸い込んだ水、粉末などを
  機械本体内にためず、直接機械外部に放出する高圧縮エアの流動を利用したイジェクター脱気
  方式」を採用しています。
  イジェクター脱気方式は、真空ポンプほどの高真空度は得られませんが、脱気速度が大変高い
  のが特徴です。
  ゆえに高い真空度やガス置換率が求められる場合には不向きと言えます。
排気速度1015 /min
到達真空度-34.1Kpa
の真空度を得られます。
  (注)排気速度・到達真空度は、機械に組み込んでいない状態で計測した数値です。
  到達真空度は、0torrを-101.3Kpaとしています。
イジェクター内の空気の流れ
  高圧縮空気をノズルの中で機械外部排出側の方向に噴射するとノズル内の気圧の変化が
  発生し、ノズル全体がその方向に引っ張られる空気の流れが生じる現象が発生します。
  イジェクター脱気方式はその現象を利用したものです。
  真空ポンプの約3倍の脱気速度が得られますが、得られる真空度は、真空ポンプの約2分の1と
  なります。
水物対応
  V-401NTWシリーズは「防滴加工のオールステンレスボディ」「電気部品を使用していない
  エアペダル」を採用していますので水物の包装にご使用いただくことができます。
  また、片側加熱仕様機は、ヒーター線が水がかかりにくい上部の圧着レバーに取り付けている
  上部片側加熱式となります。
コンプレッサー別途必要
  V-401NTWシリーズは機械を駆動させるために別途、エアコンプレッサーが必要となります。
  以下の能力を持つコンプレッサーをご準備ください。
  適合コンプレッサー
  1.5KW 165リットル/min 540Kpa以上
簡単な操作
  小型コンピューターのシーケンスコントローラーで機械の動きを制御します。
  マイコン制御の加熱時間コントローラーを標準装備。リセットが可能なカウンター機能があります。
  エアペダル操作で作業を進めます。
  切替スイッチにより操作方法[※1シール専用・マニュアル脱気・タイマー脱気]を選択します。]
  脱気タイマーを標準装備。
  また、作業性の高いテーブルを標準装備しています。
多彩な包材に対応
  製品バリエーションとして、 厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる
  片側加熱タイプ(V-401NTW)と 厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート
  袋に対応できる上下加熱タイプ(V-401NTW-10W)があります。
クリアカバー装着可能(=オプション)
  オプションでシール稼働部の動きが見ることができるとともに指などが触れる危険性がないように
  シール部全体を覆うことができるクリアカバー(オプション)を用意しています。
過熱防止装置搭載(=安全対策)
  シール加熱時に設定時間以上の電流が流れると自動的にOFFになる過熱防止回路付漏電
  ブレーカーを標準装備しています。
クリアカバー装着可能(=安全対策)
  シール稼働部の動きが見ることができるとともに指などが触れる危険性がないようにシール部
  全体を覆うことができるクリアカバー(オプション)を用意しています。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、指、異物などがシール部に挟み込まれた場合、約1秒以内に加熱工程に移行しないと
  加圧が解除され圧着レバーが初期状態に戻ります。※2
異常時復帰操作(=安全対策)
  レバー下降時、フットスイッチから足を離すと圧着レバーが上がります。
※1:シール専用・・・・シール作業だけしたいときに選択
   マニュアル脱気・・・・目で脱気具合を確かめながらのフットスイッチ操作による脱気包装に選択
   タイマー脱気・・・・脱気時間を機械で設定してのタイマー設定による脱気包装に選択
※2:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
製品仕様
用途・特長:卓上型・電動イジェクター脱気シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用&脱気
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):40cm以下
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
V-401NTW:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm、
V-401NTW-10W:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート>0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
足踏み型
足踏みタイプ 電動タイプ 電動 シーラー 電動 脱気&ガス充填シーラー
足踏みタイプ(一部圧着保持器付き)
Fiシリーズ
軽い足踏む操作で強力なシーリング
600サイズは「特殊テーブル」が標準テーブル
扱いになります。
Fi-300  
Fi-200-10W Fi-600-2:特殊テーブル取付例
特徴
簡単な操作
  軽い足踏み操作で美しく丈夫なシールが行えます。
  タイマーで加熱時間を設定し、袋をシール部にセットします。
  (タイマーの加熱時間は包材の種類・厚みなどにより異なります。)
  後はペダルを踏むだけでシールができあがります。
多様な用途に対応
  袋の厚さ、材質に合わせてシール圧力の調整が可能です。
  圧着レバー中央の圧力調整ナットを回転させて調整を行います。
  シール長さ200、300、600mmに対応。シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ、
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
  ガスバリヤ性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
テーブル(=オプション)
  お客様の作業環境や製品に応じて各種のテーブルを用意しています。
  製品ごとに一般的に想定した用途として最適なテーブルを標準装備していますが、
  標準品では合わない場合、オプションのテーブルを取り付けることができます。
1.標準テーブル:ステンレスの1枚板状のテーブルです。シールフレームに取り付けるタイプです。
  600サイズは「特殊テーブル」が標準テーブル扱いになるため「600標準テーブル」
  はラインナップがありません。
2.特殊テーブル:支柱パイプに取り付けるタイプで、重量のある包装物でも支えることができます。
  (オプション):支柱パイプの範囲で高さ調整が可能です。
            大袋用シーラーであるFi-600シリーズではこの特殊テーブルが
            標準テーブル扱いになり、標準で装備しています。
印字器取付可能(=オプション)
  Fiシリーズは電子プリンター(2列印字器)が取り付け可能です。
  FEP-N2シリーズの詳細はこちらのページでご覧ください。
圧着保持器PK-101(=オプション)
  Fiシリーズにはシールの仕上がり精度の均一化を図り、ペダルを踏む作業の疲労解消に効果を
  発揮する圧着保持器PK-101(オプション)を取り付けすることができます。
  シーラーのタイマーでセットできない、インパルスシーラーのシール仕上がりを大きく左右する
  “冷却時間(=圧着保持時間)”と“フィルムへの加圧力”の設定ができます。
  PK-101はソレノイドの働きでペダルを踏み込めば自動的に圧力保持を行い、シール終了後
  圧着レバーが初期状態に戻ります。材質に応じて加圧力と保持(冷却)時間を調整できます。  
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  ヒーター過熱が万一発生した場合、(加熱開始後約4秒経過しても加熱が終了しない場合)
  自動的に電源スイッチがオフ状態になり、ヒーターの加熱を停止します。
製品仕様
用途・特長:足踏み式シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:足踏み式=1,000〜3,000袋
袋サイズ(最大):20、30、60cm
最新タイプ:Dタイプ(600溶断のみEタイプとなります)
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
FiKシリーズ 粉末を袋からこぼさずシーリング可能

FiK-300:特殊テーブル(オプション)取付例

FiK-300:頭部45度
傾斜:特殊テーブル(オプション)取付例
特徴
簡単な操作
  軽い足踏み操作で美しく丈夫なシールが行えます。
  シール部の角度が水平から床面方向へ45度の範囲で変えることができます。
  シーラー頭部を床面方向へ角度を下げることで粉末や粒状物を袋からこぼさずにシール作業を
  行うことができます。
  タイマーで加熱時間を設定し、袋をシール部にセットします。(タイマーの加熱時間は包材の
  種類・厚みなどにより異なります。)後はペダルを踏むだけでシールができあがります。
多様な用途に対応
  袋の厚さ、材質に合わせてシール圧力の調整が可能です。圧着レバー中央の圧力調整ナットを
  回転させて調整を行います。
  シール長さ200、300、600mmに対応。シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ、
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
  ガスバリヤ性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
テーブル(=オプション)
  お客様の作業環境や製品に応じて各種のFikシリーズには一般的な想定で適切と思われる
  テーブルを標準で装備しています。
  また、お客様の作業環境や製品に応じて各種のテーブルをオプションでご用意しています。
  標準装備品では使い勝手が合わない場合などオプションテーブルのご使用をご検討ください。
1.標準テーブル:ステンレスの1枚板状のテーブルです。シールフレームに取り付けるタイプです。
  600サイズは「特殊テーブル」が標準テーブル扱いになるため「600標準テーブル」
  はラインナップがありません。
2.特殊テーブル:支柱パイプに取り付けるタイプで、重量のある包装物でも支えることができます。
  (オプション):支柱パイプの範囲で高さ調整が可能です。
            大袋用シーラーであるFik-600シリーズではこの特殊テーブルが
            標準テーブル扱いになり、標準で装備しています。
印字器取付可能(=オプション)
  Fikシリーズは電子プリンター(2列印字器)が取り付け可能です。
  FEP-N2シリーズの詳細はこちらのページでご覧ください。 
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  ヒーター過熱が万一発生した場合、(加熱開始後約4秒経過しても加熱が終了しない場合)
  自動的に電源スイッチがオフ状態になり、ヒーターの加熱を停止します。
※600サイズは「特殊テーブル」が標準テーブル扱いになります。
※FiKシリーズはPK-101(オプション)を取り付けることができません。ご注意下さい。
製品仕様
用途・特長:頭部可動式足踏み式シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:足踏み式=1,000〜3,000袋
袋サイズ(最大):20、30、45、60cm
最新タイプ:Dタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
FR-450シリーズ
軽い足踏み操作で強力なシーリング
FR-450シリーズには連続運転が可能な電動タイプの
FR-450-SBシリーズ」がございます。

紹介のページはこちらです。



FR-450-5
特徴                  
簡単な操作
  軽い足踏み操作で美しく丈夫なシールが行えます。
  タイマーで加熱時間を設定し、袋をシール部にセットします。(タイマーの加熱時間は包材の
  種類・厚みなどにより異なります。)後はペダルを踏むだけでシールができあがります。
多様な用途に対応
  袋の厚さ、材質に合わせてシール圧力の調整が可能です。圧着レバー中央の圧力調整ナットを
  回転させて調整を行います。
  シール長さ450mmに対応。シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ、
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
  ガスバリヤ性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
アングル固定式テーブル(標準装備)
  お客様の作業環境に合わせてテーブルの高さが調整できます。
  シーラー両サイドのアングルへ引っかけることでテーブルを固定します。
  米袋なら2〜15kg程度まで対応します。
  テーブルサイズ 幅410mm x奥行190mm
  FR-450シリーズは、Fiシリーズの標準テーブル、特殊テーブルを取り付けすることができます。
  但し、特殊テーブルを取り付ける場合はアングルを取り外す必要があります。
●圧着保持器PK-101
  FR-450シリーズにはシールの仕上がり精度の均一化を図り、ペダルを踏む作業の疲労解消に
  効果を発揮する圧着保持器PK-101(オプション)を取り付けすることができます。
  シーラーのタイマーでセットできない、インパルスシーラーのシール仕上がりを大きく左右する
  “冷却時間(=圧着保持時間)”と“フィルムへの加圧力”の設定ができます。
  注意FR-450シリーズにPK-101を取り付けるとテーブル高さ調整の可動範囲が狭くなります
  PK-101はソレノイドの働きでペダルを踏み込めば自動的に圧力保持を行い、シール終了後
  圧着レバーが初期状態に戻ります。材質に応じて加圧力と保持(冷却)時間を調整できます。
印字器取付可能(=オプション)
  FR-450シリーズは電子プリンター(2列印字器)が取り付け可能です。
  FEP-N2シリーズの詳細はこちらのページでご覧ください。 
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  ヒーター過熱が万一発生した場合、(加熱開始後約4秒経過しても加熱が終了しない場合)
  自動的に電源スイッチがオフ状態になり、ヒーターの加熱を停止します。
製品仕様
用途・特長:アングル固定テーブル装備足踏み式シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:足踏み式=1,000〜3,000袋
袋サイズ(最大):45cm
最新タイプ:Fタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
Fi-400Y/Fi-600Yシリーズ チューブ状フイルムのシールや製袋加工に
Fi-400Y-5 PK:標準テーブル取付例 Fi-600Y-10 PK: 標準テーブル取付例
Fi-400Y-5 PK:特殊テーブル取付例 Fi-600Y-10 PK:特殊テーブル取付例
特徴
圧着保持器PK-102標準装備で足踏み操作が楽に
  Fi-400Y/Fi-600Yシリーズは圧着保持器(PK-102)を標準装備しています。
  圧着保持器はシール精度を安定させ、足踏み作業の負荷を軽減します。
  シーラー側のタイマーで加熱時間を設定し、圧着保持器PK側のタイマーで圧着保持(=冷却)
  時間を設定して袋をシール部にセットします。後はペダルを踏むだけでシールができあがります。
圧着保持器PK-102とは?
  シール仕上がりを均一にします。
  袋の材質に応じてシール加圧と足踏みシーラー側のタイマーでは設定できない圧着保持(=冷却)
  時間を調整できるので足踏み操作の負担を軽減するとともに、異なる作業者による
  シール仕上がり精度のバラツキを解消します。
  圧着保持時間設定範囲
  =加熱設定時間+0.0〜5.0秒
  作業負担を軽減・簡単な操作
  軽くペダルを踏み込むとソレノイドの働きで圧着が保持されます。足踏みシーラーはシール終了
  までペダルを踏み続けないといけないのですが、PKが装着されていると、この時点でペダルから
  足を離すことができます。
  加熱・冷却時間が経過すると圧着レバーとペダルが初期位置に自動的に戻ります。
PK-102の操作の流れ
1.ペダルを軽く踏み込みます。
2.ソレノイドによって自動的に加圧が開始されます。この時点でペダルを踏む込み続ける必要が
 なくなります。
3.加熱終了後、PK-102で設定した冷却時間(=圧着保持時間)の間、加圧した状態を保持します。
4.冷却終了後、自動的に加圧保持が解除され、圧着レバーが上がり1回の作業工程が終了します。
●豊富な製品バリエーション
  多彩な袋の大きさ(幅)、厚さ、材質に対応できる豊富な製品バリエーションを取り揃えています。
  シール長さは400、600mm。シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
カッター機構付:YCタイプ
  余分な袋(フィルム)端のカットができるカッター機構を装備しています。
  チューブ状フィルムのシール後、カッターノブを左右にスライドさせてカットを行います。
中間カットタイプ:5C,10Cタイプ
  シールの中央位置をカットヒーターで断ち切り、シール作業とチューブ状フィルムの切り離しを
  シールと同時に行う製袋作業でご利用いただけます。
溶断タイプ
  丸線の溶断ヒーターで袋(フィルム)を断ち切る製袋加工でご利用いただけます。
  溶断ヒーターがわずかにフィルムを熱溶着しますが、シール強度はほとんどありません。
多彩なテーブルを用意(=オプション)
  お客様の作業環境や製品に応じて各種のテーブルをオプション品として用意しています。
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  ヒーター過熱が万一発生した場合、(加熱開始後約4秒経過しても加熱が終了しない場合)
  自動的に電源スイッチがオフ状態になり、ヒーターの加熱を停止します。
製品仕様
用途・特長:特殊製袋用足踏み式シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:足踏み式=1,000〜3,000袋
袋サイズ(最大):40、60cm
最新タイプ:Eタイプ(600溶断のみFタイプとなります)
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
400Y、600Yシリーズはシール部をフィルムが通過できますので袋端以外のシールが可能で、
角底製袋加工などにも利用していただくことができます。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
Fi-WA-300シリーズ 水物用足踏みシーラー
電気配線部に水のかかりにくい構造。







Fi-WA-300
特徴
水物のシールに強い構造
  特殊耐蝕性合金とステンレス部品、特殊塗装部品を多用し、電気配線部を水のかかりにくい
  上部に配置して、水物専用機として優れた性能を発揮します。
  漬物、惣菜、液体調味料、レトルト食品などのシールに最適です。
液体をこぼさずシーリング可能
  WA-300シリーズのシール開口部は床面方向に傾斜していますので袋内の液体内容物を袋から
  こぼすことなくシールすることができます。
簡単な操作
  タイマーで加熱時間を設定し、袋をシール部にセットします。(タイマーの加熱時間は包材の
  種類・厚みなどにより異なります。)後はペダルを踏むだけでシールができあがります。
豊富な機種バリエーション
  多彩な袋の厚さ、材質に対応できる豊富な機種バリエーションを取り揃えています。
  シール幅は2mm、5mm、10mmの機種があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ
  (上部ヒーター仕様)
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
  ガスバリヤ性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
ステンレステーブルを標準装備
  排水口付きのステンレス製テーブルを標準装備しています。テーブルは高さ調整ができます。
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  ヒーター過熱が万一発生した場合、(加熱開始後約4秒経過しても加熱が終了しない場合)
  自動的に電源スイッチがオフ状態になり、ヒーターの加熱を停止します。
製品仕様
用途・特長:水物用足踏み式シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:足踏み式=1,000〜3,000袋
袋サイズ(最大):30cm
最新タイプ:Cタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
FiFシリーズ
軽い足踏み操作で大きな袋のシーリング。







FiF-1000
特徴
簡単な操作
  シールをする包材、袋の材質・厚みに合わせてタイマーで加熱時間を調整し、
  軽くペダルを踏み込む操作で美しく強力なシールができます。
  シールを行うヒーター部の構造はフィルム、袋を通過させることできますので、
  袋端以外の位置でもシール可能で、簡単な製袋作業も可能です。
  FiFシリーズにはシール作業に便利なテーブルを標準装備しています。
豊富な製品バリエーション
  多彩な袋の大きさ(幅)、厚さ、材質に対応できる豊富な製品バリエーションを取り揃えています。
  シール長さは1,000、1,200、1,500mm。シール幅は5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
ロック機構付きのキャスター(=安全対策)
  FiFシリーズにはロック機構付きのキャスターを標準装備していますので作業場所の移動に
  便利で作業場所決定後は安定した設置状態で作業を行うことができます。
▼カッター機構付きCタイプ
  Cタイプは、余分な袋(フィルム)端のカットができるカッター機構を装備しています。
  チューブ状フィルムのシール後、カッターノブを左右にスライドさせてカットを行います。
▼中間カットタイプ:10Cタイプ
  10Cタイプはシールの中央位置をカットヒーターで断ち切り、シール作業とチューブ状フィルムの
  切り離しをシールと同時に行う製袋作業でご利用いただけます。
▼溶断タイプ
  溶断タイプは丸線の溶断ヒーターで袋(フィルム)を断ち切る製袋加工でご利用いただけます。
  溶断ヒーターがわずかにフィルムを熱溶着しますが、シール強度はほとんどありません。
製品仕様
用途・特長:長尺シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:足踏み式=1,000袋以下
袋サイズ(最大):1M、1.2M、1.5M
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱タイプ:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート>0.4mm、
上下加熱タイプ:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
電動タイプ
FR-450 SBシリーズ
アングル固定テーブル装備シーラーには足踏み式の
FR-450シリーズ」がございます。

紹介のページはこちらです。




FR-450-10 SB
特徴
簡単な操作
  コントロールユニット(タイマー)のタッチパネルを押して加熱時間などを設定します。
  各設定はモード切替により設定できます。使用される包材に応じたシール条件を設定後、
  「自動連続運転」とエアペダルを踏む「マニュアル運転」が選択できます。
多様な用途に対応
  袋の厚さ、材質に合わせてシール圧力の調整が可能です。圧着レバー中央の圧力調整ナットを
  回転させて調整を行います。
  シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせた合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ、
  厚さ0.4mm(重ね合わせた合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
  ガスバリヤ性包材に脱酸素材を封入することで保存期間を延ばすことが可能です。
アングル固定式テーブル(標準装備)
  お客様の作業環境に合わせてテーブルの高さが調整できます。
  シーラー両サイドのアングルへ引っかけることでテーブルを固定します。
  米袋なら3〜15kg程度まで対応します。
印字機取付可能
  FAシリーズは電子プリンター(2列印字器)が取り付け可能です。
  FEP-N2シリーズの詳細はこちらのページでご覧ください。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
過熱防止対策のタイマー(=安全対策)
  冷却時間を確保するために加熱時間の設定値以下に冷却時間を設定できないようにしています。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
製品仕様
用途・特長:アングル固定テーブル装備電動シーラー
操作方法:電動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動=3,000袋以上
袋サイズ(最大):45cm
最新タイプ:Gタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
Fi-400Y/Fi-600Y SBシリーズ
Fi-600Y-10 SB: 標準テーブル取付例 Fi-600Y-10 SB: 特殊テーブル取付例
特殊製袋用シーラーには足踏み式の「Fi-400Y、600Yシリーズ」がございます。
紹介のページはこちらです。
特徴
簡単な操作
  コントロールユニット(タイマー)のタッチパネルを押して加熱時間などを設定します。
  各設定はモード切替により設定できます。使用される包材に応じたシール条件を設定後、
  「自動連続運転」とエアペダルを踏む「マニュアル運転」が選択できます。
チューブ状フイルムのシールや製袋加工に
豊富な製品バリエーション
  多彩な袋の大きさ(幅)、厚さ、材質に対応できる豊富な製品バリエーションを取り揃えています。
  シール長さは400、600mm。
  シール幅は2mm、5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
  上下加熱タイプは、厚手袋やガゼット袋などにも対応します。
カッター機構付:YCタイプ
余分な袋(フィルム)端のカットができるカッター機構を装備しています。チューブ状フィルムの
シール後、カッターノブを左右にスライドさせてカットを行います。
中間カットタイプ:5C、10Cタイプ
シールの中央位置をカットヒーターで断ち切り、シール作業とチューブ状フィルムの切り離しを
シールと同時に行う製袋作業でご利用いただけます。
溶断タイプ
丸線の溶断ヒーターで袋(フィルム)を断ち切る製袋加工でご利用いただけます。
溶断ヒーターがわずかにフィルムを熱溶着しますが、シール強度はほとんどありません。
多彩なテーブルを用意
  お客様の作業環境や製品に応じて各種のテーブルをオプション品として用意しています。
指はさみ防止(=安全対策)
  万一、異常事態が発生した場合は、コントロールユニット(タイマー)の液晶ディスプレイ表示で
  知らせたりブザー音で警告を発します。また、指などをシール部に挟んでしまっても圧着レバー
  は降りきらず、初期状態に戻る機構を備えています。※1
  作業途中で機械の動きを止めたいときは「中止」ボタンを押して止めることができます。
※1:幼児などの細い指の場合は圧着レバーが降り切ってしまう場合があります。
製品仕様
用途・特長:特殊製袋用電動シーラー
操作方法:足踏み
包装形態:電動
機種選定目安使用回数/日:電動=3,000袋
袋サイズ(最大):40、60cm
最新タイプ:Fタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱式:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
上下加熱式:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
400Y、600Y SBシリーズはシール部をフィルムが通過できますので袋端以外のシールが可能で、
角底製袋加工などにも利用していただくことができます。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
FiF-Aシリーズ
フットスイッチ操作でシーリングできる
電動タイプ。






※運賃別途必要製品
FiF-1000A
特徴
簡単な操作
  FiF-Aシリーズは電動タイプの長尺シーラーで大判袋のシールをすることができます。
  エアシリンダー駆動方式を採用し、フットスイッチ操作で作業を進めることができます。
  シールする包材、袋の材質・厚みに合わせてタイマーで加熱時間と冷却時間を調整します。
  シール部に袋をセットし、軽くフットスイッチを踏むとエアシリンダーが駆動し、圧着レバーが
  下降します。
  設定した加熱・冷却完了後、圧着レバーが初期位置に戻り、美しく強力なシールができます。
  FiF-Aシリーズにはシール作業に便利なテーブルを標準装備しています。
  エア源として下記能力を有するコンプレッサーが別途必要です。
  適合コンプレッサー(オプション)
  0.75KW 75L/min 490kpa以上
豊富な製品バリエーション
  多彩な袋の大きさ(幅)、厚さ、材質に対応できる豊富な製品バリエーションを取り揃えています。
  シール長さは1,000、1,200、1,500mm。 シール幅は5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプ
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプが
  あります。
非常停止スイッチ装備(=安全対策)
  異常発生時、非常停止スイッチを押すと、ブレーカーがOFFになり電源が遮断され、
  レバーは初期状態に戻ります。
ロック機構付きのキャスター(=安全対策)
  FiFシリーズにはロック機構付きのキャスターを標準装備していますので作業場所の移動に
  便利で作業場所決定後は安定した設置状態で作業を行うことができます。
製品仕様
用途・特長:長尺シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):1M、1.2M、1.5M
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱タイプ:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート>0.4mm、
上下加熱タイプ:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
電動エアー シーラー
ATシリーズ
長いシール面でもエア圧による加圧で
確実にシーリング。







AT-1500
特徴
シール加圧装置にエアチューブを採用
  シール加圧装置に、エアチューブを採用することで長いシール部の全域にわたって均一な
  シール圧力を発生させることを実現しました。
通常の富士インパルスシーラーの構造
  シールバー両端のエアシリンダーでシール圧力をかけます。1.2Mくらいまでのシールだと、
  問題なくシールできますが、1.5Mを超えるシールになるとシールバーに「たわみ」が生じてしまい、
  均一なシール圧力を全域にかけることが難しくなります。
  この傾向はシール長さ(シールバーの長さ)が長くなればなるほど強くなります。
シール加圧装置にエアチューブを採用したATシリーズの構造
  ATシリーズでは、通常シーラーでの[長いシール長さに対して均一なシール圧力を加えられない]
  と言う問題点を克服するためにシール加圧装置に、エアチューブを採用しました。
  エアチューブをシール受けに内蔵し、シールバーで袋(フィルム)を挟み込んだときにエア圧力で
  チューブが膨らみます。
  膨張したチューブとシールバーで袋(フィルム)を挟み込み、シールバーのたわみの有無に
  かかわらない均一なシール圧力をシールバー全域で発生させます。
簡単な操作
  ATシリーズは電動タイプの長尺シーラーです。エアシリンダー駆動方式を採用し、
  フットスイッチ操作で作業を進めることができます。
  シールする包材、袋の材質・厚みに合わせてタイマーで加熱時間と冷却時間を調整し、
  軽くフットスイッチを踏むとエアシリンダーが駆動し、圧着レバーが下降します。設定した加熱・
  冷却完了後、圧着レバーが初期位置に戻り、美しく強力なシールができます。
豊富な製品バリエーション
  多彩な袋の大きさ(幅)、厚さ、材質に対応できる豊富な製品バリエーションを取り揃えています。
  シール長さは1,500、2,000、2,500mm。シール幅は5mm、10mmの製品があります。
  厚さ0.3mm(重ね合わせ合計数値)までの包材のシールができる片側加熱タイプが標準と
  なります。
  厚さ0.4mm(重ね合わせ合計数値)までの厚手袋、ラミネート袋に対応できる上下加熱タイプも
  制作が可能です
ATCシリーズ(=オプション)
  ATシリーズには、製品バリエーションとしてエア圧力駆動のカッター機構を取り付けた
  ATCシリーズがあります。シールの後で自動的にカッター装置が起動して袋(フィルム)を
  カットします。
  連続してシールを行う場合やフィルム加工をする際に活躍します。
  また、シールを行わずにカッター機構だけを駆動させることも可能です。
指はさみ防止装置(=オプション)
  オプションで光センサーによる指はさみ防止装置を取り付けることができます。
非常停止スイッチ装備(=安全対策)
  異常発生時、非常停止スイッチを押すと、ブレーカーがOFFになり電源が遮断され、
  レバーは初期状態に戻ります。
ロック機構付きのキャスター(=安全対策)
  ATシリーズにはロック機構付きのキャスターを標準装備していますので作業場所の移動に
  便利で作業場所決定後は安定した設置状態で作業を行うことができます。
製品仕様
用途・特長:長尺シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):1.5M、2M、2.5M
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱タイプ:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート->0.4mm
富士インパルス通常の電動長尺シーラーで採用しているエアシリンダー加圧方式では困難であった
1.5Mを超える長尺シールを対応可能にしたシーラー・・・ それがATシリーズです。
従来製品の棒状金属のシールバー同士で袋を挟み込み、加圧する方法ではシールバーの
たわみが均一なシール圧力を発生させることの障害になっていました。
富士インパルスはこれを克服するためにエアチューブの膨張圧力をシール加圧として利用する
方式を開発。
ATシリーズは、ロングサイズのシールにその威力を発揮するまさに「スーパー長尺シーラー」と
言えます。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
LOSシリーズ
加熱温度コントロールで大判袋のシーリング







LOS-1000
特徴
加熱温度コントロール機能標準装備
  理想的なシール条件が設定できます。
  オンパルシステム最大の特徴は理想的なシール条件を設定・維持(保持)できることです。
  加熱温度設定は、高感度の温度センサーによる温度管理とマイコンによる制御によって
  行われます。
  気温や機械温度の上昇に左右されることなく、フィルムが溶ける温度で加熱工程を終了させる
  ことができます。シール加熱温度設定範囲:60〜250℃
  シール冷却温度設定範囲:40℃〜シール加熱温度の範囲(注)1
頭部高さ可変
  包装する内容物に応じて頭部の高さを機械側面のボタン操作にて電動調整できます。
  頭部垂直に設定の場合: 800〜1,370mm
  頭部水平に設定の場合:1,020〜1,590mm
頭部角度傾斜
  包装する内容物に応じて調整ハンドルを回転させ0〜90°の範囲で頭部の傾斜角を無段階調整
  できます。利用例としては、粉末などの包装の時はシーラー頭部を下向きに調整することで
  粉末が袋の口からこぼれ出すことなくシール作業を行うことができます。
集中排気
  駆動用コンプレッサーおよび真空ポンプの排気エアを12Φ(パイ)の5Mチューブより機械外部へ
  排出します。
簡単操作のマイコンコントローラー
  脱気やガス充填などの「作業方法の選択・設定」「脱気方法の選択・設定」、「ガス充填方法・
  回数などの設定」を、すべてマイコンコントローラーで行います。各設定は、タッチパネルの
  ボタン操作で簡単に行えます。
断線警報機
  万一、ヒーターが断線した時はマイコンコントロ−ラーの液晶ディスプレイ表示でお知らせします。
テンションアーム(=オプション)
  袋の両端にテンションアームをセット。シール行程に進みますとテンションアームが左右に
  広がり、袋をピンと左右に張った状態にします。左右に張られた状態のままシールしますので、
  シール仕上がりが美しく、シールミスの発生が減少します。
2列印字器取付可能:メーカーオプション(=印字見本)
  本体受注時に外側2列印字器=FEP-Aがメーカーオプションで取り付けすることができます。
  (ご購入後の取り付けはできません)
  シールと同時に「製造年月日」や「消費期限」などの印字を行うことができるようになります。
  FEP-Aは加熱した「活字」でカーボンを焼き付けるホットプリントタイプの印字器です。
非常停止スイッチ装備(=安全対策)
  異常発生時、非常停止スイッチを押すと、ブレーカーがOFFになり電源が遮断され、
  レバーは初期状態に戻ります。
ロック機構付きのキャスター(=安全対策)
  ATシリーズにはロック機構付きのキャスターを標準装備していますので作業場所の移動に
  便利で作業場所決定後は安定した設置状態で作業を行うことができます。
注1:加熱温度の設定値より低い数値に設定してください。加熱温度に近すぎる数値に設定すると
   冷却されずにテフロンなどの部品の寿命が短くなります。
製品仕様
用途・特長:長尺シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):60cm、80cm、1M、1.2M
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱タイプ:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート>0.4mm、
上下加熱タイプ:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
電動エアー 脱気&ガス充填シーラー
LOS-NT/NTWシリーズ
LOS-NTシリーズ真空ポンプ脱気→ LOS-NTWシリーズイジェクター脱気→
大きな袋を加熱温度制御で確実に脱気&ガス充填シーリング。
例えば、袋内の空気を抜き包装物の容積を減らしたい、脱酸素材と併用して長期保存をしたい!
には「脱気シール」。
その他、窒素ガス充填で酸化防止をしたい、また炭酸ガス充填で静菌効果や防虫効果を
期待したり、腐敗の防止、カビ発生の防止をしたい!には「ガス充填シール」。
LOS-NT/NTWシリーズは1台で、「脱気シール」「ガス充填シール」を行うことができる
長尺シーラーです。
特徴
加熱温度コントロール機能標準装備
  オンパルシステム最大の特徴は理想的なシール条件を設定・維持(保持)できることです。
  加熱温度設定は、高感度の温度センサーによる温度管理とマイコンによる制御によって
  行われます。
  気温や機械温度の上昇に左右されることなく、フィルムが溶ける温度で加熱工程を終了させる
  ことができます。シール加熱温度設定範囲:60〜250℃
  シール冷却温度設定範囲:40℃〜シール加熱温度の範囲(注1)
頭部高さ可変
  包装する内容物に応じて頭部の高さを機械側面のボタン操作にて電動調整できます。
  頭部垂直に設定の場合: 800〜1,370mm
  頭部水平に設定の場合:1,020〜1,590mm
頭部角度傾斜
  包装する内容物に応じて調整ハンドルを回転させ0〜90°の範囲で頭部の傾斜角を
  無段階調整できます。
  利用例としては、粉末などの包装の時はシーラー頭部を下向きに調整することで
  粉末が袋の口からこぼれ出すことなくシール作業を行うことができます。
集中排気
  駆動用コンプレッサーおよび真空ポンプの排気エアを12¢(パイ)の5Mチューブより機械外部へ
  排出します。
簡単操作のマイコンコントローラー
  脱気やガス充填などの「作業方法の選択・設定」「脱気方法の選択・設定」、
  「ガス充填方法・回数などの設定」を、すべてマイコンコントローラーで行います。
  各設定は、タッチパネルのボタン操作で簡単に行えます。
断線警報機
  万一、ヒーターが断線した時はマイコンコントロ−ラーの液晶ディスプレイ表示でお知らせします。
テンションアーム(=オプション)
  袋の両端にテンションアームをセット。
  シール行程に進みますとテンションアームが左右に広がり、袋をピンと左右に張った状態西桝宇。
  左右に張られた状態のままシールしますので、シール仕上がりが美しく、
  シールミスの発生が減少します。
2列印字器取付可能:メーカーオプション
  本体受注時に外側2列印字器=FEP-Aがメーカーオプションで取り付けすることができます。
  (ご購入後の取り付けはできません)
  シールと同時に「製造年月日」や「消費期限」などの印字を行うことができるようになります。
  FEP-Aは加熱した「活字」でカーボンを焼き付けるホットプリントタイプの印字器です。
非常停止スイッチ装備(=安全対策)
  異常発生時、非常停止スイッチを押すと、ブレーカーがOFFになり電源が遮断され、
  レバーは初期状態に戻ります。
ロック機構付きのキャスター(=安全対策)
  ロック機構付きのキャスターを標準装備していますので作業場所の移動に便利で
  作業場所決定後は安定した設置状態で作業を行うことができます。
※1:加熱温度の設定値より低い数値に設定してください。
    加熱温度に近すぎる数値に設定すると冷却されずにテフロンなどの部品の寿命が短くなります
推奨包材:LOS-NT/NTWシリーズの性能をフルに発揮していただけるお勧めの包材(袋)
XLシリーズ
特徴:ハイガスバリア
推進用途:食品、工業部品
ISシリーズ
特徴:ハイガスバリア・帯電防止
推進用途:電子部品・半導体
製品仕様
用途・特長:脱気(ガス充填)大袋用シーラー
操作方法:電動・エアシリンダ駆動
包装形態:シール専用&脱気&ガス充填
機種選定目安使用回数/日:電動・エア駆動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):60cm、80cm、1M、1.2M
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
片側加熱タイプ:PE->0.4mm、PP->0.3mm、NY->0.3mm、PVA->0.3mm、その他ラミネート>0.4mm、
上下加熱タイプ:PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
参考:イジェクター内の空気の流れ
高圧縮空気をノズルの中で機械外部排出側の方向に噴射するとノズル内全体が
その方向に引っ張られる空気の流れが生じる現象が発生します。
イジェクター脱気方式はその現象を利用したものです。
真空ポンプの約3倍の脱気速度が得られますが、得られる真空度は、
真空ポンプの約2分の1となります。
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
♦戻る
携帯型
手動(携帯)タイプ/ハンディシーラー
上記写真:シール長210mm:片側加熱式モデル :SM-SHTA210-10
210-10 片側上加熱式 シールサイズ 210(L) x 10(W)
210-10W 上下加熱式 210(L) x 10(W)
310-5 片側上加熱式 310(L) x 5(W)
410-5 片側上加熱式 410(L) x 5(W)
特徴
充電式ニッケル水素電池採用:コードレスで携帯移動が可能なハンディシーラー
  富士インパルス:ハンディシーラーは、電源に充電式;ニッケル水素電池を採用し、
  電源コードが無く携帯移動が可能なシーラーです。
  また、一定の場所にシーラーを設置してシール作業ができないようなシチュエーションで
  ご活用いただけます。
加熱温度制御機能搭載インパルス式
  加熱温度制御方式(=オンパル)を採用し、必要最小限の加熱でシール作業をすることが可能で
  作業効率を向上させ、かつ部品の消耗を抑えます。
軽い操作感
  倍力機構により、軽く握る力で十分なシール加圧力が得られ、インパルス式シールにより
  美しいシールが仕上がります。
  また、固定設置タイプのシーラーには不可能な“包材に対して自由な角度でシールを行うこと”が
  できます。
簡単充電の外部充電式を採用
  ハンディシーラー内蔵の充電池は外部充電式です。充電池が消耗してくると本体制御部の
  「残量ランプ」が点滅してお知らせします。充電方法は制御部に充電池をセットしたまま行う
  方法と、充電池を制御部からはずして行う方法とをお好みに合わせて選択していただけます。
  充電が終了すると充電器の「充電ランプ」が消灯してお知らせします。
  充電時間は最大で4.5時間です。
様々な用途にお応えする4タイプをラインナップ
  お客様の用途に応じてお選びいただける4タイプのバリエーションを用意いたしました。
  また、厚めの包材(PE/PPで総厚0.4mm程度)へのシールに対応するモデル;上下加熱式タイプ
  (SM-SHTA210-10W)もラインナップ。
軽量ボディ
  携行いただくハンド部の重さはシール幅210mmタイプで1.5kg(最大2kg:410mmタイプ)、
  肩からさげる制御部は3.0kg(充電池:1.3kgを含む)と言う軽量なシーラーです。
  製品別の詳細数値は「仕様」をご覧ください。
軽い操作感
  加熱中はランプが点灯します。加熱終了後、ヒーター部が設定温度(設定加熱温度のマイナス
  40℃)まで下がるとブザーが鳴り、シール終了をお知らせします。
回収リサイクル体制を整備
  電源は外部充電式ニッケル水素電池を専用パックにして採用しました。
  専用電池パックはリサイクル法の指定製品となっております。
  富士インパルスで回収リサイクル体制を整備しておりますので、使用済み電池のリサイクルに
  ご協力賜りますようお願いいたします。
製品仕様
用途・特長:手動式ハンディシーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:手動=1,000袋以下
袋サイズ(最大):21、31、41cm
最新タイプ:Aタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)片側加熱式:PP->0.3mm
                            上下加熱式:PP->0.4mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
手動超音波式ポイントシーラー
軽いレバー操作で、
強力な超音波ポイントシーリング。







US-60B フードパック用
特徴
様々な材質のフードパックに対応
  縦振動子の採用で発熱効率をアップさせ、幅広い用途の材質のフードパックでも確実に
  ポイントシールできます。また、異材質のものでもシールできます。
仕上がり精度が安定します
  発振時間をタイマーで設定できますので、シールの仕上がり精度が安定します。
  ポイントシール寸法が小さくピール性が高いシールを行います。
安全、衛生的です
  常時発熱している部分がなく、火傷の危険性が低いです。
  (連続作業でのシール部の蓄熱は発生します。)
  また、フードパックを熱溶着させますので食品に異物(ステープラーの針、セロハンテープなど)が
  混入する危険性がありません。
長時間の作業でも疲れません
  軽くて、握りやすい樹脂製のハンドルですので長時間の作業でも疲れません。
すぐ使えます
  シール工程の時だけ瞬間的に振動による熱を発生させますので余熱時間の必要が無く、
  スイッチを入れればすぐに使用できます。
用途に合わせたアンビルをご用意
  A-PET用とOPS、PVC用のアンビルがあり、用途に合わせて、
  より接着強度を高めることができます。
製品仕様
用途・特長:フードパック用・超音波ポイントシーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
手動発熱式ポイントシーラー
EX-15 PE袋用発熱式ポイントシーラー ※ステープラー代わりにポイントシーリング。
特徴
▼針が包装内容物に混入する恐れのあるステープラーを使用する代わりに、
  袋止めにご利用いただけます。
  ポリ袋やラミネート袋などのポイントシールに最適です。
▼長時間の使用でも疲れない握りやすいレバー形状です。
  ネット袋のヘッダーラベルの封緘にもご利用していただけます。
フードパックのシーリング作業には使用できませんのでご注意ください。
▼発熱温度は、約150℃です。
製品仕様
用途・特長:発熱式ポイントシーラー
操作方法:手動
包装形態:シール専用
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
バンドシーラー
BD+7型(標準)
バンドシーラー(横)
★印字装置・脱気装置は、後からオプションとして
  取り付けられます。
★シール・脱気・印字が一つの工程で行えます。
  (オプション装着時)



BD+7型
用途
  食品(和菓子・洋菓子・珍味・その他各種)・雑貨・薬品・小物部品等。
適応包材
  ヒートシール可能な各種プラスチックフイルム・ラミネートフイルム。
オプション
◆ホットプリンターHP-35(印字幅35mm)
◆脱気装置
◆17mmシール装置
◆400mm幅コンベア
製品仕様
機械寸法(mm) 885(W) x 551(D) x 995(H)
重量(kg) 59
使用電力 AC100V  1KW
シール幅(mm) 8
能力 0-12m/分
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
BD+7P型(ホットプリンター付)
バンドシーラー(横)
★脱気装置(オプション)は、後から取り付け可能です。
★シール・脱気・印字が一つの工程で行えます。
★ホットプリンターを標準装備しています。




BD+7P型
用途
  食品(和菓子・洋菓子・珍味・その他各種)・雑貨・薬品・小物部品等の袋に印字が必要な商品。
適応包材
  ヒートシール可能な各種プラスチックフイルム・ラミネートフイルム。
オプション
◆脱気装置
◆17mmシール装置
◆400mm幅コンベア
製品仕様
機械寸法(mm) 885(W) x 551(D) x 1,100(H)
重量(kg) 65
使用電力 AC100V  1,200W
シール幅(mm) 8
能力 0-12m/分
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
BD+7P(SUS)型(横型SUS仕様)
バンドシーラー(横)
食品工場に最適です。
衛生的なSUS仕様水産加工品、水物製品の袋詰めシールに
対する錆び対策のSUS仕様機です。
機械本体の錆び、腐食等が発生し易い現場で威力を
発揮します。
標準機に比べて長期間の使用に耐えます。

BD+7P(SUS)型
用途
  水産加工品・水物製品・食品(和菓子・洋菓子・珍味・その他各種)・雑貨・薬品・小物部品等の袋に
  印字が必要な商品。
適応包材
  ヒートシール可能な各種プラスチックフイルム・ラミネートフイルム。
オプション
◆脱気装置
◆17mmシール装置
◆400mm幅コンベア
製品仕様
機械寸法(mm) 885(W) x 551(D) x 1,100(H)
重量(kg) 72
使用電力 AC100V  1,200W
シール幅(mm) 8
能力 0-12m/分
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
BD+7S型(脱気装置付)
バンドシーラー(横)
★印字装置(オプション)は、後からでも取り付け可能です。
★シール・脱気・印字が一つの工程で行えます。
★脱気装置を標準装備しています。




BD+7S型
用途
  食品(和菓子・洋菓子・珍味・その他各種)・雑貨・薬品・小物部品の酸素を嫌う商品。
適応包材
  ヒートシール可能な各種プラスチックフイルム・ラミネートフイルム。
オプション
◆ホットプリンターHP-35(印字幅35mm)
◆17mmシール装置
◆400mm幅コンベア
製品仕様
機械寸法(mm) 885(W) x 551(D) x 995(H)
重量(kg) 70
使用電力 AC100V  1,400W
シール幅(mm) 8
能力 0-12m/分
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
BD+7T型(縦型標準仕様)
バンドシーラー(横)

スタンディングパウチ・水物製品袋・粉・粉状製品のシールに
最適。
横型標準仕様機と同じ機能を搭載。
コンベアの上下はハンドルで行います。


BD+7T型
用途
  食品・薬品。
オプション
◆ホットプリンターHP-35(印字幅35mm)
◆17mmシール装置
製品仕様
機械寸法(mm) 1,055(W) x 500(D) x 1,220(H)
重量(kg) 70
使用電力 AC100V  1,0KW
シール幅(mm) 8
能力 0-12m/分
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
BD+7TP型(縦型ホットプリンター付)
バンドシーラー(横)

縦型標準仕様機にHP-35型ホットプリンター装着横型BD+7Pと
同様な機能をもつHP-35型ホットプリンターを90度倒して、
電気部品とともにシール機本体内に納めました。
面倒な調整は不要です。
HP-35型には印字リボン切れ検出装置を標準装備。

BD+7TP型
用途
  食品・薬品。
オプション
◆17mmシール装置
製品仕様
機械寸法(mm) 1,055(W) x 500(D) x 1,220(H)
重量(kg) 73
使用電力 AC100V  1,2KW
シール幅(mm) 8
能力 0-12m/分
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
BD-V・FV型(中型バンドシーラー)
バンドシーラー(縦)
★縦形なので、水物・粉体のシールが可能です。
★コンベアのないBD-V型もあります。





BD-V・FV型
用途
  食品・薬品・肥料等。
適応包材
  ヒートシール可能な各種プラスチックフイルム・ラミネートフイルム。
オプション
◆ホットプリンターHP-35(印字幅35mm)
◆パターンローラー・ガゼットローラー
◆水切り装置
製品仕様
機械寸法(mm) 1,700(W) x 560(D) x 1,372(H)
重量(kg) 140
使用電力 AC100V  1.3KW
シール幅(mm) 8
能力 5.3-12m/分
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。
インパルス式ベルトシーラー/“太陽”
概要
業界初のインパルスシール方式のベルトシーラーです。
スピーディーである熱板式ベルトシーラーの長所と美しく高精度なシーリングを行うことができる
インパルスシーラーの長所を兼ね備えた画期的なシーラーです。
SE-SBTA131-10W/プリンター非装備 SE-SBTA131-10W PP-BA/プリンター装備
特徴
加熱温度制御機能搭載インパルス式ベルトシーラー
  加熱温度制御機能(オンパル)搭載インパルス式ベルトシーラー登場
  「予熱の必要が無く、加熱工程だけヒーター部に通電する」インパルスシーラーのメリットを
  さらに向上させ、「設定加熱温度を維持したままシールできる」たいへん効率的で無駄な電力を
  消費しないシーラーです。
プリンター装着可能
  富士インパルス:ベルトシーラーは、専用プリンター装備モデルがございます。
  専用プリンターは2列印字、1列印字が可能です。
  印字位置の調整を行うことができますのでご使用になる包材に応じた印字位置の調整が
  可能です。
  印字はインクを使用しない「加熱した活字でプリントテープを焼き付ける」方式です。
  印字内容の変更は活字を取り替えることで行います。
シールスピード(最速7M/分)
  熱板式シーラーの特性を最大限に活かしたシーラーが従来からの熱板式ベルトシーラーです。
  熱板式ベルトシーラーの強みはヒーター部が加熱温度に達すれば、非常にスピーディーに
  シールを行うことができると言うことでした。
  富士インパルス:ベルトシーラーは、インパルスシーラーのメリットとベルトシーラーのメリットの
  双方を備え、よりスピーディな作業で美しいシールを行っていただくことが可能です。
  シールスピードは、2〜7M/分の範囲で調整することが可能です。
製品仕様
用途・特長:ベルト式電動シーラー
操作方法:電動
包装形態:シール専用
機種選定目安使用回数/日:電動=3,000袋以上
袋サイズ(最大):--------
最新タイプ:Bタイプ
包装可能な包材(2枚以上あわせての合計)
PE->0.6mm、PP->0.4mm、NY->0.4mm、PVA->0.4mm、その他ラミネート->0.5mm
※改良のため予告なしに仕様・外観など変更することがあります。あらかじめご了承下さい。