「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
 

『小世論』開始のお知らせ

シンワ株式会社社長、和田哲治氏より
「この時代、この世相に対する意見を述べてみては」という提案を頂戴しました。
もとより私ごときが、期待されるような高説を披露できるものではありません。
とはいえ、凡人は凡人なりに、今日の日本社会に思うところはあります。
その私見が、有意義か無意味かの判断は、読んでいただいた方にお任せするしかないでしょう。

私は、かつて事件を報道する職業に就いていました。
その短い経験のなかで、正邪、善悪、虚実が混沌とした事象を見据え、正義と真実を人に伝える
ことの難しさだけは学んだつもりでした。
ところが、今あらためて、この国の社会に視線を向けると、自分の学んだことがあまりに小さいもの
でしかなかったことに気づかされたのです。

焦点を当てるべき対象は、多岐にわたり、われわれの眼前に広がっています。
しかし、今、日本は東北地方を襲った未曾有の大災害が最大の関心事であり、それに対応すべき
施策が何よりも重要であるといわざるを得ません。
すでに一ヶ月以上が経過しても、明快、明白な復興計画が現されないまま、次々と深刻な問題が
発生しているのが実情です。

私に何ができるわけでもありません。
それどころか、浅学な意見を述べることが、むしろ余計な雑音になる恐れもあります。
それでも、この国を思うのであれば、何かを考えるべき、何かを学ぶべきだと信じて、
このHPで表す言葉を捜そうと思いました。
稚拙で、不愉快な文章になるかもしれませんが、気が向いたときに読んでいただければ幸いです。

作家 津島稜