「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
11/25
 

朴槿恵(パク・クネ)大統領は?

韓国のパク・クネ大統領のスキャンダル…。

日本はもちろん世界中の失笑を買っているが、それも当然。
何とも低俗で、浅ましい事実が次々と明るみに出てきて、C級の韓流ドラマさながらの展開になってしまった。

すでに周知のことだが、そもそもの発端は、パク大統領の40年来の「親友」という崔(チェ)という女性の愛
人の男性ホストだった。このホストの男が、はるかに年上のチェ女史(すでに多くの罪状で被告となっている)
のパソコンデータを持ち出し、テレビ会社に渡したらしい。

テレビ会社は、半信半疑のようだったが、ホストから受け取ったデータを見てみると、チェ女史とパク大統領、
大統領補佐官らとの密接な関係が明らかになり、政府の内部情報や人事まで把握していたのがわかった。
さらにチェ女史が政府の事業に深くかかわり、多くの利権を手中にしようとしている疑惑が濃厚となり、
そのほとんどが現実のものとなっていることまで判明。

その後は、パク大統領の威光を利用して、機密文書の流出、新しい愛人とみられるイベントプロデューサーと
手を組んでの私利私欲ぶり、娘や姪の裏口入学など呆れることばかりがマスコミを賑わした。

パク・チョンヒ元大統領(暗殺で死亡)の娘であり、韓国初の女性大統領として華々しいスタートを切ったが、
今や国民支持率5%という体たらく。連日の凄まじい抗議デモでも明らかなように退陣は決定的だろう。

韓国検察はチェ女史の共犯と断定し、刑事訴追もやむなしとしている。
だが、パク大統領は検察の事情聴取を拒否。
議会から選出された議員による特別検察官の捜査に委ねるとした。
こんな捜査の手続きは日本の刑事訴訟法と似ており、一般検察官の判断に対して疑問がある場合は
検察審査会に検証を求めることができる。

今回の疑惑についてもパク大統領は自己の強大な権限を利用して、検察と対立した。
弁護士の悪知恵だろうが、それにしてもパク大統領を選んだ韓国民は「この大統領って???」と
悔やんでも悔やみきれないだろう。たしかに、情けなく、恥ずかしいに違いない。

作家 津島稜