「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
3/24
 

森友学園問題は単純な詐欺事件

まったく低レベルな話にしろ、なぜ国会や政府、総理大臣まで巻き込まれる騒動になっているのかと不思議
でならない。

大阪・豊中の森友学園の建設、認可を巡る問題で、籠池泰典理事長が安倍昭恵・総理夫人から現金100
万円の寄付を受け取ったとマスコミの前で公言したことが原因になった。それで、首相周辺が激高し、国会
の証人尋問という異常な手段で籠池氏を追及したが、与党側の思惑は完全に否定された。
つまり籠池氏側の一方的な証言を昭恵夫人が否定しても、それを証明できないという点だ。

安倍首相の言いたいように、常識的に安倍氏が100万円を寄贈するとは考えられない。
そして、そんなことをわざわざ国会という場で証明すること自体が馬鹿げているということだろう。

ところが、マスコミの恰好の話題となり、おなじみの評論家やコメンテーターがあれやこれやと意見や勝手
な推測を述べ始めた。さらに野党もこれに迎合し、安倍政権の根幹を揺るがす大問題とまで主張している。

どっちもどっちだが、そもそもの森友学園の問題は、学園建設のための許認可と補助金に関する疑惑だ。

それは、一連の騒動で、国有地の売却、学園設立の認可、三種類もの建設費による申請だろう。
今回の騒動が明るみに出なければ、大阪府、国交省、財務省などの不自然な対応は一般市民は知らない
ままだったはずだ。というより、役所内部の手続きの詳細は滅多に公にならない。
秘匿事項ではないが、一般に開示される理由も必要もないからだ。

いずれにせよ、建設工事費用について3種類もの工事契約書を偽造、多額の補助金を騙し取ろうとしたこ
とは明らかだ。事件の本質は単純な詐欺・文書偽造事件であり、その立証は困難ではない。
詐欺・文書偽造が立件されれば、学校法人の許認可や補助金、助成金の交付は必然的に停止される。
つまり籠池氏の逮捕・起訴を含め事件は解決ということだ。

それが、政府の国会証人喚問により偽証罪の立件という(私に言わせれば)余計な手段に出たため、
野党やマスコミが沸き立った。

国有地の極端に安い払い下げ価格、設立認可の問題などは刑事事件とは無縁で、籠池氏を逮捕後に
しっかりと調べれば良いことだろう。厄介なのは学園の幼稚園児や児童たちの処遇だ。
教育勅語を暗唱させたり「安倍首相、頑張れ」などと合唱させる教育は、時代や社会情勢を錯誤させること
甚だしいが、それに共感する保護者がいることにも驚く。

さまざまな意見や感想が渦巻くのは当然だろうが、この事件の本質は前述したように、単純な詐欺・文書
偽造事件。与党が狙う国会での偽証は証明が困難だろう。

ここまでややこしくしたのは、安倍首相夫人、籠池氏の夫人のメールで公開されたように、オバサン同士の
他愛ない「会話」が発端ではないか。

その中で、籠池夫人の支離滅裂、品性のない言動と、それに対する昭恵夫人の優しさ?と優柔不断な返答
が世間の興味をそそった。こんなオバサン同士の会話を国会や政府、マスコミが真面目そうに国民に訴え
ているのが、冒頭に述べた「バカバカしい」という理由。ヒステリックな籠池夫人と籠池氏の独善的な 「理
論」は「どうぞご勝手に」ということ。昭恵夫人の肩を持つわけではないが、この数か月で籠池夫妻のレベ
ル、人間性が、常識と良識のある我々に分かったと思う。

作家 津島稜