「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
10/27
 

衆院選は与党の思惑通り

突然の衆議院解散には驚き、違和感を覚えた人が多いはずだ。

急遽、国会を開会し、審議などはすべて無視、内閣総理大臣として、いきなり冒頭で解散を宣言。
これには私も「?」と安倍首相の姿勢に納得できなかった。

「何故、この時期に」「何のために」という率直な疑問が当然で、衆議院議員には1年以上任期が残されてい
る。つまり議員は失職するわけで「選挙に落ちればタダの人」。安倍首相のように再選確実であれば構わな
いだろうが、新人議員や「地盤」「カバン」のない議員にとっては迷惑千万だろう。

「森友学園」「加計学園」の疑惑、スキャンダル議員、安保法制の強行採決などで、野党や世論の追及を
避けようとした思惑。そして「小池ブーム」による新党設立の準備には時間的に無理だと見越しての作戦と
思われても仕方がない。

いかにも打算的な安倍首相の戦略だと呆れていたら、そのどさくさの最中、小池都知事が元検事の若狭氏
と新党「希望の党」を設立。お得意のサプライズで旋風を巻き起こそうとした。
「百合子姐さんも激しいなあ」と、テレビの画面で派手な笑顔を見せる彼女に気圧される感じすらしたものだ。
この時は、安倍首相も都知事選や都議選の「グリーン旋風」再来かと不安を覚えたに違いない。
不人気の民進党と準備不足の小池グループには「恐れるに足らず」と思ったのではないか。

ところが、低迷の民進党が「希望の党」に合流するという騒動が持ち上がった。
前原代表が小池グループに恥もなく頭を下げたのだ。
おそらく国民の多くが「グリーン旋風」に興味や関心を抱いた可能性があった。
しかし、マスコミ対応に自信満々だったはずの小池代表が「排除」とか「ユリノミクス」などと余計な失言。
これがマスコミの餌食になってしまった。
「グリーン旋風」が一気にしぼんでしまい、おそらく安倍首相は(しめしめ)とほくそ笑んだのではないか。

さらに、小池代表の「おごり」に危惧を感じた民進党の枝野氏が「立憲民主党」を急遽、結成。
安倍首相は、野党の分裂が決定的だと(しめしめ)と安心感を増幅させたことだろう。
ただ、マスコミの世論調査で「立憲民主党」が人気を得たのが予想外だったかも知れないが、
それが小池代表への反感を加速させ、野党グループの力にはプラスにならなかった。

「打倒 安倍一強」を掛け声に野党共同を標榜したものの、それぞれの私利私欲が輻輳。
わずかに「立憲民主」がプラスを得たものの、「希望」「維新」「共産」はプラスを得ることができなかった。
ここでも安倍首相は大した努力をすることなく優勢の潮流に乗ったまま投票日を迎えた。

が、ここでも最後のサプライズが待っていた。それが、超大型台風の襲来。
各自治体が「期日前投票」をアピールしたため固定票、組織票を持つ自民、公明に有利となった。

結果は「自民・与党圧勝」。

「何のために突然、解散したのか」「加計・森友問題は」という当初の疑問は忘れ去られがちになった。
「憲法」「北朝鮮と防衛」「消費税アップ」が争点にされたが、そもそも憲法改正(改悪?)は1政党が決めるこ
とではなく、国民投票によらなければならない。
その他も選挙で決めなくても国会審議で十分、国民に伝えられるはずだった。

二転三転の挙句、どうやら、安倍首相の当初の思惑よりも、小池代表や野党グループのドタバタと台風の
お陰で、望外の与党旋風が巻き起こったようだ。

作家 津島稜