「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
 
 

「イスラム国」人質事件

あの「イスラム国」による人質殺害事件はいったい何だったのだろう。

突然、日本人男性二人を拉致し、その映像をインターネット上に投稿したのが始まりだった。
その映像に登場した男が、日本政府に対し、人質と引き換えに途方もない身代金を要求。
その後、人質にした日本人男性一人を殺害した写真をインターネット上に公開したうえ、
要求を金員から死刑囚との交換に変更。第三国のヨルダンを巻き込んで事件は長期化すると見られたが、
残る一人の日本人男性も間もなく首を切断されてしまった。

その間、日本政府は「人命の尊重を最優先」「テロには絶対屈しない」「政府は最大限の努力をする」と
繰り返した。「人の命は地球よりも重い」という誰もが知っている諺もある。
政府の対応は「人道的」な立場を強調し、至極ごもっともなものに見えた。

だが、どのように最大限の努力をしたのかという疑問がある。
絶対的に相反する条件、つまりテロに屈しないこと、無事に人質を解放するということの矛盾が立ちはだか
っていた。
マスコミ、世論を意識し、発表内容も抽象的なものになるのは仕方がないことは理解できる。
たしかに、ほかにどんな方法、手段があるかと問われれば、私ごとき凡人には答えを出しようがない。

一般的な誘拐事件と同じで、犯人が人質に危害を及ばさないように祈るしかなかったのだろうか。
日本国内であれば、警察力によって様々な手段を講じて犯人検挙、人質救出の作戦を展開できるだろう
が、はるか離れた地域では、それは不可能だった。

そもそも、人質にされた二人は、民間軍事組織を標榜した男性と、イスラム地域で苦しむ女性や子供たちを
レポートしている男性だった。
このうち民間軍事組織で活動していた男性は早い時期に首を切断されて殺害された可能性が強い。
残るレポーターも長い間、拘束されたままだった。
一部の世論で「自分で勝手に行ったのだから」「中東で苦しむ人を助けるより日本で苦しむ人を救って
ほしい」などと、冷ややかに突き放している声もある。
それはそれで、正直な意見であることは分かる。

人質にされた二人には使命感のようなものがあったらしい。
それに共感する声も多いようで、マスコミも二人の活動ぶりを繰り返して報道した。
今更、言うまでもないが、道理の通じない相手に対し、今回のような場合は、いわゆる常識論、建前論を
展開するしかなかったようだ。そして、それが全く効果が無かったことも明らかになっている。

いずれにしろ、この事件の結果については日本政府を含め、日本人の誰もが是非を論評できないだろう。

作家 津島稜