「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
 
 

どうなるの、大阪都構想

橋下大阪市長が「大阪都構想」を掲げて数年が経過した。

その間、民主党政権が失墜し、自民党が選挙で大勝。
前々回の選挙で大阪維新が予想以上の議席を獲得したが、前回選挙ではやや精彩を欠く結果となった。

その間、橋下氏は一貫して都構想をアピールし、自民、民主、共産各党とも距離を置く方針で維新グループ
をリードしてきた。そして、大阪市民の直接の住民投票実施にこぎつけた。

しかし、大阪市を五分割し、それぞれの区に特色を持たせた行政組織にすると言いながらも、
膨大な数に及ぶ行政手続きや、橋下氏らが言う二重行政廃止の具体的な形が見えて来ない。
それでも大阪府議会、市議会で住民投票を決議できたのは公明党の協力があったからだ。
自民党に与して政権与党の座を守っている公明党の矛盾点はさておき、
これで五月に住民投票が実施されることになった。

その前に問題がある。それは府議、市議の選挙だ。
ひところの勢いが弱まってきた維新グループが、前回のような追い風を受けることができなかったため、
選挙結果は維新グループに厳しい。自民党は露骨に橋下氏に抵抗することは目に見えている。

住民投票の結果がいずれにしても「大阪都」が実現するには相当の時間がかかる。
法改正を始め数多くの制約、手続きを政府が要求するからだ。

橋下氏が颯爽と政界にデビューしたときは、女性や若者の支持を得て、府知事、新党を立ち上げた。
さらに市長への転進など、積極的な若いリーダーが登場したと大阪府民に大きな期待を持たせたものだ。

その一方で、橋下氏以外の維新の党員やメンバーの未熟さや政治信条の欠如などが垣間見えてきた。
そのほか同氏の肝いりで採用した学校長らのパワハラ、セクハラが明るみに出て批判を浴びることもあっ
た。それに加えて予想外だったのは、盟友の堺市長が都構想に反旗を翻したことだろう。

松井大阪府知事とのコンビネーションもバランスが悪い。
支援者にも冷ややかな視線が混じってきたようにも思える。

政界にデビューしたときの鮮烈な印象を取り戻すため、橋下氏はこれからが正念場だ。
マスコミ対応も上手な同氏だが、世論の反感を買わないような手腕に注目したい。

作家 津島稜