「包装」を通じ、あらゆる産業に貢献します。
>>トップページ  >>>NEWS  >>TOPページ
 ・新商品情報
 ・エンゼルコフィン
 ・ほかんくん
 ・宮下隆二のコラムTOP
 ・津島稜の世相を斬るTOP
 ・News VoL.1〜VoL.20
 ・News VoL.21〜VoL.40
 ・最新のNews一覧
3/31
 

トランプはジョーカーの使い方

予想外、と言えばアメリカの大統領候補の選挙。

オバマ現大統領の後任が今年の11月に決まるらしいが、その後継者選びが世界中で話題になっている。

アメリカは2大政党が定着しており、現政権の民主党は元大統領夫人のクリントン氏が有力で、
初の女性大統領の誕生かと注目を浴びている。
女性の活躍を期待するのは日本と同じようで、米国民も変革の時代を迎えたのだろう。

夫が大統領時代は美人のファーストレディとしてもてはやされた。
高学歴のインテリで、セレブの象徴でもあり、世界中の女性の憧れの的でもある。
オバマ大統領と大統領候補を争い、自身は国務長官として政界の事情にも精通し、経験も豊富だ。
つまり、豊かなアメリカを代表する人物であり、女性と中流以上の米国民にとっては文句のつけがたい支持
を集めているようだ。

ただ、彼女にとっては低所得者層や移民系の人たちにどう対処するか、そして、人種差別や難民問題を
解決できるかどうかが最大の課題だろう。
まあ、いずれにしろ、アメリカにとっては常識的な候補者と言えるのではないか。

それはさておき、一方の共和党の候補者選びも注目されている。

あらためて言うまでもないが、トランプ氏だ。

こちらも超有名人で、不動産王と呼ばれる大金持ちで、毒舌家として知られている。

人種差別、無遠慮な態度、露骨な誹謗中傷と、氏に対する評判はかなり厳しい。

私の知人の多くが「金の次は名誉」「自家用のジェット機を大統領専用機と同じデザインにするほどの
成金主義者」などと大統領選挙に出馬すること自体に呆れ、泡沫候補に過ぎないと見ていた。

ところが、である。

この時期を迎えて、共和党の最有力候補になってしまった。

アメリカのマスコミを始め、多くの人が驚き、さらに困惑したような論調を展開しているが、
それが却って、現代社会に不満を抱いている人たちや、低所得者層、移民系の人たちさえ支持していると
聞くから、共和党員の心中は理解し難いものがある。

それだけアメリカ社会は深刻な問題を抱え病んでいるのだろうか。

常識的にはトランプ大統領が実現すれば、世界の経済、軍事、外交上の問題が多発するのは目に見えて
いる。もっとも、如何に氏が独裁的に振る舞おうとしても、副大統領、大統領補佐官を始め、議会、多くの
ブレーンが周囲にいるからブレーキになるだろうし、最後は良識のある政策を守るだろう。

トランプゲームはどうなるか。ジョーカーの使い方が決め手になりそうだ。

作家 津島稜